メルセデス ベンツ 新型 GLE 3.0リッターV6ディーゼルターボ搭載したSUVを発表

メルセデス・ベンツからBlueTEC技術を用いたクリーンディーゼルエンジンを搭載した新型ラグジュアリーSUV「GLE」モデルが2015年10月28日に発表されました。

メルセデス ベンツ GLE

パワーユニットは軽油を使うV型6気筒ディーゼルターボBlueTECエンジンで、排気ガスを浄化するシステムにAdBlueを使う触媒が用いられていて環境にやさしいディーゼルエンジンを搭載。低圧縮比を採用しフリクションの低減が施され且つターボの加給は電子制御を取り入れ、最高出力は258ps/3400回転、最大トルクは63.2kgf.m/1600-2400回転と巨大なトルクを発生させる事が出来るパワフルな仕様です。JC08モード燃費は12.9km/Lとありますがディーゼルエンジンは長距離を走る事でさらに燃費の伸びは良くなります。

gle2015002

GLEの設定グレードと価格。パワートレーンは共通の駆動方式は4WD、トランスミッション9速AT、3.0リッターV6ディーゼルターボです。

  • 350d 4MATIC 販売価格 8,680,000円 (ベースグレード)
  • 350d 4MATIC 本革仕様 販売価格 9,290,000円
  • 350d 4MATIC Sports 販売価格 9,640,000円

エクステリアは一目見てSUVとわかりますが、全体的なラグジュアリー感が高いので一言でSUVと言うにはとても失礼なエレガントなデザインです。

フロントグリルに大きなメルセデスのエンブレムが取り付けられバンパーのメッキされたグリルモールまで伸びる二本のアーチと言うかフィンと言うかアームが伸びており、極めつけはグリルがメッシュタイプのカバーで前から見ると豪快にラジエター等が見えのです。綺麗だけどものすごい力強さを感じます。スキッドプレートも違和感なくマッチしております。

gle2015003

リヤ側のデザインは若干ワゴンにも見える印象です。Cピラーから後ろにルーフが設けられていてラゲッジスペース側にもウィンドウが配置されたリヤは若干変わったデザインです。

gle2015005

ロードクリアランスもSUVにしてはごく普通なので後もしくはやや後から見るとクロスオーバーワゴンにも見えます。リヤ側にもスキッドプレートが装着、バンパー一体型リヤバンパーもかっこいい。アンテナはドルフィンですね。

gle2015006

走破性能抜群の4MATICと言う4WDシステムが搭載されているので、エレガントな車でもタフなオフロード走行もこなします。急勾配を下る時にトラクションコントロールをアシストする「DSR(ダウンヒル・スピード・レギュレーション)」も標準装備。

gle2015007

新型GLEにはオフロード走行モードをボタンひとつで切り替えられ、オフロード専用のトラクションコントロールに切り替わります。4MATICに最適化された4ESPとこれに加えオフロード走行用に切り替わるABSとASRシステム、アンダーステアやオーバーステアとならないようアクセル開度をオフロード用に遅延させる仕組みや9速ATのシフトタイミングもオフロードモードに切り替わり安定した悪路走破をアシスト。

4ESPの駆動輪分配イメージ図。

gle20150013

地上最低高は余り高くない印象はあるのですが、ロードクリアランスは200mmもあり、アプローチアングルは約26度、渡河深度最大約500mmもあります。

gle20150020

gle20150010

gle20150011

gle20150012

GLE 350d 4MATIC スペック

全長x全幅x全高(mm) 4825x1935x1795
ホイールベース(mm) 2915
定員 5名
エンジン 3.0リッターV型6気筒DOHCディーゼルターボエンジン
最高出力 258ps/3400回転
最大トルク 63.2kgf.m/1600-2400回転
JC08モード燃費(km/L) 12.9
駆動方式 4MATIC(4WD)
トランスミッション 9速AT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする