アルファロメオ 新型 4C スパイダー 本格的な2シーターMRオープンスポーツカー

イタリヤ自動車メーカーブランドのアルファロメオから最新2シータースポーツカー「4C スパイダー」が2015年11月21日よりFCAジャパンから販売されます。

2015 アルファロメオ 4C スパイダー

2015年3月にスパイダーのベースモデル「4Cクーペ」が先に販売されていてスペックは同じでパワートレーンは1.8リッター直列4気筒DOHCターボエンジン、最高出力240ps/6000回転、最大トルク35.7kgf.m/2100-4000回転、駆動方式MR、6速ATトランスミッション、JC08モード燃費は12.1km/L。車重も余り変わりなくクーペモデルが1050kgに対しオープンモデルは10kg増の1060kg。

ac2015002

エクステリアはイタリヤ車にしかない独特の流線型をしたデザインでなんと生産はイタリヤのマセラティ工場にて手作業で生産されるとの事。販売価格は8,618,400円より。

ac2015003

排気量から見るとライバル車となるのはロータスエリーゼSですが、アルファロメをはインテリアにもこだわりを持ちます。

ac2015005

フロントエクステリアはアルファロメオこだわりの「盾」を思わせる逆三角のグリルにメッシュカバーが施され、丸いミラノ市の紋章の紅い十字と大蛇の紋章が描かれたエンブレムが装着されます。ヘッドライトはクーペモデルはLEDなのですが、オープンモデルはHIDバルブとなります。

ac2015006

サイド側から見るとほんとにとても綺麗で、リヤ側のデザインは女性のヒップラインにも思える程美しいデザインを持ちます。それでいてホイールのインチが大きくフロントは18インチでリアは19インチの大きなサイズのホイールが装着され赤く塗装されたブレーキキャリパーがスポーティー感をアップグレードさせています。

ac2015007

インテリアが細部まで上質感があり、ライバルのエリーゼとは比べ物にならない程のラグジュアリー感を持ちます。写真は左ステアリングですが新車購入時に左右好みのものを注文できます。

ac20150011

D型スポーツステアリングとレザーを使ったほぼフルバケットシートは標準装備です。ミッドシップエンジンモデルで後ろにリクライニングが殆ど不可能なのでフルバケットシートと言ったほうが適当でしょうか。足元のシートカーペットに黄色く「4C」と刺繍でしょうかロゴが入ります。

ac2015008

ac20150010

ac20150012

ac20150013

ac20150015

ac20150016

ac20150017

ac20150018

ac20150020

ac20150021

ac20150022

ac20150023

ac20150025

4C スパイダー スペック

全長x全幅x全高(mm) 3990x1870x1190
ホイールベース(mm) 2380
定員 2名
エンジン 1.8リッター直列4気筒DOHCターボエンジン
最高出力 240ps/6000回転
最大トルク 35.7kgf.m/2100-4000回転
JC08モード燃費(km/L) 12.1
駆動方式 MR
トランスミッション 6速AT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする