シボレー 新型 キャプティバ 3列シート7人乗りSUVにアップルカープレイ対話型ナビ標準装備

アメリカの自動車メーカーであるゼネラルモーターズが販売する人気の3列シート7人乗りタイプのSUV「シボレー キャプティバ」が一部改良され2016年1月9日より発売されます。

2016 シボレー キャプティバ

今回のマイナーチェンジの注目点はスマートフォンと連動するカーナビゲーションを標準装備する点です。

標準装備されるナビは「シボレーMyLinkインフォテイメント」で、iPhoneと連動で利用できる「Apple CarPlay」アプリに対応するのと、エクスペリアやギャラクシーが搭載するOSであるAndroidの利用出来る「Android Auto」両方に連動する事が出来てカーライフがもっと楽しくなります。

何れのナビアプリも対話型なので「Apple CarPlay」はSiri、「Android Auto」はOK Googleが使えるので何か気になる事があればナビに話しかけると答えてくれたりメールしてくれたり電話を掛けたりしてくれてとても便利なカーライフとなります。

2016sibokya002

新型キャプティバの魅力はラグジュアリーSUVだけど本格的なコンピューター制御される四輪駆動方式を採用しオンロードやラフロード走行時の状況を自動的に最適な駆動力を前後に分解してどんな路面状況も安心安全に走る事を可能とします。

2016sibokya005

パワートレーンは2.4リッター直列4気筒DOHCガソリンエンジン、最高出力167ps/5600回転、最大トルク23.4kgf.m/4600回転を発生、駆動方式は4WD、トランスミッションは6速ATの1種類のみの設定となります。JC08モード燃費は公式からは発表はありませんがSNSに寄せられている情報では概ね9km/L(使用燃料ハイオク)前後は伸びるとの事。

2016sibokya006

安全装備は自動ブレーキシステムの設定は無いものの、車線変更時に後方死角となるポイントに車両が存在する事をドライバーに知らせてくれる「サイドブランドゾーンアラート」の装備と、車両が大きいので車をバックさせている時に障害物に接近すると警告をドライバーに与えてくれる「リアクロストラフィックアラート」に、車庫入れアシストにリヤビューカメラを標準装備。大型SUVの取り回しを安全にアシストしてくれる機能も充実。

2016sibokya007

インテリアはややシンプルもスマートフォン連動のナビが標準なのでスマホと連動させて対話しながらナビ以外の音楽コンテンツや動画コンテンツも楽しむことが出来る。

2016sibokya008

室内はとても広く、セカンドシートとサードシートを倒すとトランク容量最大1,577Lとなり実用性も高い。

2016sibokya003

サードシートは2名座れるベンチシートタイプも作りがしっかりしていて楽に座っていられそうです。

2016sibokya0010

セカンドシートも倒しこむ事が出来る。

2016sibokya0011

サードシートをフラットにした状態のラゲッジスペースでも十二分に広い。

2016sibokya0012

セカンドとサードシートを倒すと更に広いラゲッジスペースとなる。

2016sibokya0013

2016 シボレー キャプティバ スペック

全長x全幅x全高(mm) 4690x1850x1790
ホイールベース(mm) 2710
定員 7名
エンジン 2.4リッター直列4気筒DOHCエンジン
最高出力 167ps/5600回転
最大トルク 23.4kgf.m/4600回転
JC08モード燃費(km/L) 9.0前後
駆動方式 4WD
トランスミッション 6速AT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする