日産 新型 ノートe-POWER レンジエクステンダー採用し燃費は34.0km/Lを達成

日産のBセグメントハッチバックの最新モデル「ノートe-POWER」を2016年11月2日発売。併せてガソリンエンジンモデルもマイナーチェンジ。

スタイリッシュでスポーティなインテリアのニスモノート発売。

パワートレーンに新開発のe-POWERと言うエンジンで発電し必要最小限のバッテリーに充電しつつ高出力モーターのみで走る全く新しいコンパクトカー。

ハイブリッドグレードはエマージェンシーブレーキ標準&FF駆動モデルのみ。自動運転システムの導入は無く、発売価格は1,772,280円より。

2016 日産 ノート ePOWER

国内テスト走行中の写真がソーシャルネットワークに掲載されました。ヘッドライトユニット&リヤコンビネーションランプのデザインは現行モデルと大きな違いは見られないものの、リヤバンパー左右リフレクター追加と、フロントロアグリル左右に取り付けされているフォグランプが丸型から角型レンズに変更されている様子。

2016n-09201

2016n-09202

パワートレーン&燃費

パワートレーンは完全にモーターとなり発電専用に1.2リッター直列3気筒エンジンを搭載する日産e-POWERを採用。駆動用バッテリーを最小限にし運転席及び助手席下にレイアウトされる。JC08モードは予想ではリッター40キロは伸びるのでは無いかと言われていたが公式発表値は34.0km/L

ノートEVのスペック資料一部。

駆動用モーターはスペックダウンさせたリーフと同じEM57型モーターを搭載。最高出力は95ps/3008-10000回転、最大トルクは25.9kgf.m/0-3008回転。

パワーバンドはリーフと同じだが最高出力はリーフが105psに対してノートEVは95psへスペックダウンさせている。軽量なので馬力を上げられない事が原因の可能性も。

2016n-09231

確定エクステリア、わりとさりげないVモーショングリルデザインでヘッドライトレンズは流行りの「コ」の字にLEDイルムネーションが点灯する可能性も。

2016n-10222

パワートレーンの詳細は判明していないが、レンジエクステンダー含め4種類設定される模様。

次期ノートはエンジンを搭載するも駆動力を発生する為のものでは無く完全な発電用として搭載し一番燃費効率の良い2000-3000回転で発電、JC08モード燃費は37.2km/L

2016n-note-02

2016n-note-01

ノートレンジエクステンダーは高価なリチウムイオンの必要最小限のサイズのものを採用し、駆動用の電力は必要に応じて1.2リッターエンジンで発電し供給する仕組み。

駆動用モーターはリーフEVカーのリーフとほぼ同じモーターが設置され、発売価格は1,772,280円~と入手しやすい設定価格となる。

エクステリア

現行ノートのVモーショングリルとリヤコンビネーションランプのデザインが変更となる以外はほぼ同じ。

ノートレンジエクステンダー予想エクステリア。エンジンフードがリーフの様にグリルまで延び、ロアグリルの下のアンダースカートセンターにガーニッシュが取り付けられ、Vモーショントリムは幅の広いデザイン。

2016 日産 ノート ePOWER

リヤゲートにはスポーツカーキラーの象徴となるe-POWERエンブレム。

2016n-10242

Vモーショングリルトリムには淡いブルー加飾。

2016n-10241

2016n-10252

2016n-10251

新型ノートの実物。ヘッドライトはLEDプロジェクター式&ハイビームはハロゲンの可能性も。

2016n-10202

リヤバンパーエアロがすごくスタイリッシュだ。

2016n-10201

現行E12型ノート。

日産 ノート

2015年ジュネーブモーターショウーで披露された日産スウェイ(マイクラの後継車料と噂されている新型車)のVモーショングリルが参考になります。

ivo20150016

エアロバンパーはモーターショウー向けなのでここまでレーシーなエアロは組み込まれないのですが次期コンセプトとしては更にかっこいいノートとして生まれ変わると思われます。

新型 ノート ハイブリッド

エコスーパーチャージャーDIG-Sに強力モーターのアシストが加わることで、頻繁にスーパーチャージャーがOFFの状態に切り替わる低速場面ではモーターのパワーが加わるので低中速域のレスポンスも高くなるので、1.6リッターカー並の低速から高速域までのフラットなレスポンスを楽しめる車に仕上がり、それでいて燃費が軽自動車を上回る37.0km/Lを実現できればさらに人気が高まりそうです。

HR12DDRエンジン

フリクションとポンピングロスの低減及び熱効率向上が施された低燃費の直列3気筒DOHCエンジンにスーパーチャージャーを搭載した1.5リッター並のレスポンスを持つエンジンはアイドリングストップ機能無しでJC08モード燃費26.2kmを達成します。これに必然的にアイドリングストップ機能が加わり加速時のモーターアシストが加わる事で、さらなるパワーアップと低燃費を達成出来る。

ivo20150021

ニスモノート

2017年初め頃登場する予定のノートのニスモ仕様。e-POWERモデルとガソリンモデルに設定。

http://www.nissan.co.jp/NOTE/nismo.html

ニスモレッド塗装された専用フロント+サイド+リヤスカートにロードクリアランスを10mm前後低くした専用ダンパーキットを装着しインテリアはニスモ専用のインストルメントパネルにスポーツシート&ステアリングが装着されると予想される。

パワートレーンはEV(e-POWER)では無い可能性も。

2017 日産 ノートニスモ

FF専用ハイブリッドシステム

日産が開発した小型で軽量な前輪駆動車用のハイブリッドシステムで、2つのクラッチを用いて(インテリジェンスデュアルクラッチコントロール)エンジンを完全にCVTから切り離しエンジンを停止した状態でモーターのみでも走行を可能とします。このモーターがセルスターターも担うので、アイドリングストップの時からエンジンを始動する際の「キュルキュルキュル」と言う耳障りなスターター音も無くスムーズに発進する事が可能。

ivo20150023

e-POWERシステム スペック

全長x全幅x全高(mm) 4100x1695x1520
ホイールベース(mm) 2600
定員 5名
発電エンジン 直列3気筒DOHCガソリンエンジン HR12DE
発電エンジン最高出力 79ps/5400回転
発電エンジン最大トルク 10.5kg.m/3600-5200回転
駆動用モーター EM57
モーター最高出力 定格出力95ps 最高出力109ps/3008-10000回転
モーター最大トルク 25.9kgf.m/0-3008回転
JC08モード燃費(km/L) 34.0
駆動方式 FF
トランスミッション 無し

ノート 発売価格

2WD 4WD
e-POWERグレード
S 1,772,280円
X 1,959,120円
X モード・プレミアム 2,207,520円
MEDALIST 2,244,240円
ガソリングレード
S 1,393,200円
X 1,495,800円 1,711,800円
メダリスト X 1,627,560円 1,843,560円
X DIG-S (SC車) 1,738,800円
X メダリスト (SC車) 1,985,040円
X スマートセーフティエディション 1,827,360円
X メダリスト スマートセーフティエディション 1,929,960円
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. なみめくん より:

    e-POWERSの価格ですが、Sが1,772,280円、Xが1,959,120円、MEDALISTが2,244,240円。全グレード共に、消費税込み。

  2. マーティー より:

    厳密に言うと、「レンジエクステンダー」とは外部充電機構をもつEVに補助的に発電専用エンジンを組み合わせたものです。今回のノートe-powerは外部充電機構を持たないのでレンジエクステンダーではなく「シリーズ式ハイブリッド」ですよ。