レクサス 新型 GS F FR用TNGA技術を採用 3.0リッターV6ターボ搭載し2018年フルモデルチェンジ

次期レクサスGSシリーズにFRプラットフォームベースのTNGA技術が採用され2018年にフルモデルチェンジ。「GS F」 は2015年11月デビューの5.0リッターV型8気筒エンジンから、次期2018年型には新開発の3.0リッターV型6気筒ツインターボエンジン(最高出力400ps以上)の搭載が予定されている。

2018 レクサス GS F

低重心で軽量化及び高剛性のプラットフォームを採用することで、更に運動性の良いスポーツ・カーに仕上がる。

2018-gs-003

新型FR用プラットフォームはレクサスLC(ラグジュアリークーペ)から採用されGSにも使われる。

FRベース TNGA

GS F 搭載予定の新しいエンジンは開発呼称943F。3.0リッターV型6気筒ながら最高出力は400ps以上、最大トルクは45.0kgf.m前後と予想されている。V8エンジンに代わるダウンサイジングエンジンは来年発売される次期LSシリーズにも採用予定。

2018-gs-006

2018 GS F 予想スペック

全長x全幅x全高(mm) 4950x1880x1430
ホイールベース(mm) 2880
エンジン 3.0リッターV型6気筒DOHCツインターボエンジン
最高出力 400ps/6000回転
最大トルク 45.0kgf.m/2000-4000回転
JC08モード燃費(km/L) 10.0
駆動方式 FR

2015年11月マイナーチェンジ情報

第44回東京モーターショーで話題を集めたレクサスの新型スポーツセダン「GS F」が2015年11月26日正式にデビューします。

2015 レクサス GS F

エクステリアはGSシリーズと余り変わらないデザインですが中身がすごくて、パワートレーンは総排気量4968ccのV型8気筒DOHCエンジン、最高出力は477ps/7100回転、最大トルクは54.0kgf.m/4800-5600回転、最速0.1秒でシフトチェンジ可能な8速ATトランスミッション、駆動方式はTVD(Torque Vectoring Differential)付き後輪駆動方式。車両販売価格は1100万円より。

2015regsf-002

TVDはトルクペダリングコントロールのように、後輪にトラクションが正しくかかるようにコンピューターが左右の駆動輪を自動制御し、特にコーナーリング時は車両の挙動を最適に保つアシストし、アンダーステアとオーバーステアを制御。TVDは3つのモード(STANDARD / SLALOM / CIRCUIT)が用意され一般道からサーキットまで対応する事が出来るそうです。

2015regsf-003

マフラーはデュアルサイレンサーの4本出しで、V型で大排気量なので消音効果は大きいものの、オプションの最新式「ASC」(アクティブサウンドコントローラー)システムをリヤスピーカーに搭載する事で、ドライバーのアクセルコントロールによる加速、高回転時、減速時のブリッピング音含めるレーシーなエンジンサウンドを楽しむ事が出来ます。

2015regsf-005

運転席のインパネメーター類は航空機のグラスコックピットをモチーフにしたデザインが取り入れられた一部デジタルメーター類が採用されタコメーターとスピードメーターはアナログメーター式メーターです。加えてダッシュボード中央の時計もレクサスお馴染みのアナログ時計が取り付けられています。

マニュアルモードに切り替えた時にシフトチェンジするパドルシフトがステアリング下に装備されているのですが、丸いステアリングデザインでエレガントさは損なわれていなくてラグジュアリー感も高い。

2015regsf-006

インテリアはほんとに高級感溢れているのですが、シートはさり気なく四点式シートベルトの肩ベルトを通す穴が開けられていたりと、バケットシートをソファーの様にしたデザインのシートが装着されています。

2015regsf-0015

エクステリアで気になる場所、フロントのブレーキがイエローキャリパーを装備するのですがAPレーシングでしょうか?

2015regsf-008

公式な情報ではありませんがブレンボブレーキユニットが装着されているそうです。6ポット対向キャリパーのスリッド入りディスクローター。

2015regsf-0016

2015regsf-0020

2015regsf-0010

2015regsf-0011

2015regsf-0018

2015regsf-0012

2015regsf-0013

2015regsf-0017

ここも注目点、GF SにはECO / NORMAL / SPORT S / SPORT S+の4つのECUセッティングが用意されていて「SPORT S+」モードはサーキットを走行するための専用チューニングデータが入っている。また安全マージンを取るトラクションコントローラVDIMはTRC&VSCをカットできるものの、万が一スピンを回避する事が出来るEXPERTモード設定が新しく設けられています。

GS F スペック

全長x全幅x全高(mm) 4915x1845x1440
ホイールベース(mm) 2850
エンジン 5.0リッターV型8気筒DOHCエンジン
最高出力 477ps/7100回転
最大トルク 54.0kgf.m/4800-5600回転
JC08モード燃費(km/L) 8.0
駆動方式 FR
トランスミッション 8速AT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする