スズキ 新型 マイティデッキ 実用性抜群の軽四ピックアップトラック

スズキは新型の軽自動車ピックアップトラックタイプであるコンセプトモデル「マイデッキ」を発表します。エクステリアは可愛らしいSUV風のデザインを取り入れられており、Cピラーは無くセカンドシートのすぐ後はオープンデッキを採用します。

スズキ マイティデッキ

ご覧の通りラゲッジスペースからルーフトップが無くオープンデッキ、つまり荷台となっています。

パワートレーンは軽自動車なので0.66リッター3気筒ターボエンジンにSエネチャージシステムを搭載し、トランスミッションは5AGSで駆動方式はFFとなる。定員は4名です。

20151002003

リヤのエクステリアを見てなんだか見たことあるなと言う方が多いと思うのですが、実はこの自動車は1983年不況下の日本でスズキが発売した低価格(当時の発売価格は45万円)の軽自動車「マイティーボーイ」を2015年の現代風にイメージして作られているそうです。

20151002006

マイデッキ写真上、マイティーボーイ写真下。似ているのか比較出来る写真を並べてみたのですがおしゃれ度で言うとマイデッキの方が圧倒的におしゃれ感は高い。マイティーボーイは2シーターで荷台が広くある意味、軽トラックよりはアーバン軽自動車のイメージがある位に捉えられていたと思います。またマイティーボーイのコンセプトはお金のない若者向けの車で売りだして居たので、マイティーボーイに乗っていると貧乏なイメージで見られると言う理由も手伝い余り売れなかった。

20151002006-10

コンセプトモデルだが、これだけおしゃれ度が高いと東京モーターショーで初披露されるのですが大人気となるでしょうね。ハスラーの次のヒット商品を狙っているスズキだけにこのコンセプトモデルは市販化される可能性は高いと思われます。

20151002006-11

Cピラーは無いが2+2シーターの4人乗りで、セカンドシートは倒してデッキスルーにする事も可能。

20151002006-12

デッキの後方はトレイ式なので荷物を乗せたり降ろしたりするのにもとても便利。リヤコンビネーションランプの赤いガーニッシュがなんとも言えないくらい可愛らしい。

20151002006-13

セカンドシートを倒しこみ助手席も倒すことでサーフボード等長い荷物も積み込み出来る。デッキは雨や砂にも強そうなのでアウトドアでも色々と活用の幅が広がりそうです。

20151002006-15

インテリアはコンセプトモデルなので実用的では無いパーツが沢山取り入れられています。四角いハンドルにダッシュボードに埋め込まれた浮いて表示されるフルデジタル式インパネ。足元はフロアスルーですがシフトチェンジ出来るようなレバーも備わっていないとてもシンプルで清潔感のあるデザインが採用されています。

20151002006-16

スズキ マイティデッキ スペック

全長x全幅x全高(mm) 3995x1475x1540
定員 4名
エンジン 0.66リッター直列3気筒ターボエンジン Sエネチャージ搭載
駆動方式 FF
トランスミッション 5AGS
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする