ホンダ 新型 NSX 4WD(SH-ADW)スポーツ2015年日本発売

1990年に登場したホンダのスーパーカーNSX(NA型)の実質2代目となる「NSX」が2016年8月25日発売。

価格は23,700,000円。(アイアンブレーキローター装着車は2017年5月発売予定)

2016h-08251

NSX 概要

先代のNSXは、自然吸気エンジンで初期型は3.0リッターV6自然吸気のVTECエンジン、2型以降は3.2リッターV6自然吸気のVTECエンジンのパワーユニットに駆動方式はMRと言う内容だったのですが、2代目NSXは3.5リッターV6ターボエンジン+3モーターハイブリッドシステムを採用した4WD(SH-AWD)スポーツとして登場します。

ACURA NSX

日本車で4WDスポーツの代表と言うと生産を終了してしまったのですが三菱のランサーエボリューションにスバルから今でも継続販売されているWRX(インプレッサ)、日産のフラッグシップスポーツGT-R(R32 / R33 / R34 / R35)が有名なのですが、それらのジャンルに今度の新型NSX(別格ではあるものの)が加わる事になります。

an2015001005

駆動方式ですがコンピューターによる電子制御となるSH-AWD(スーパーハンドリングオールホイールドライブ)。3.5リッターV6ターボエンジン+フロント2モーターとリア1モーターの構成で、プロペラシャフトを持たない設計です。特にフロント2モーターはコーナーリング時のトルクを自動制御して、外側と内側のフロントタイヤに独立したトルクを発生させ、オーバーステアやアンダーステアを抑えながらコーナーを速く曲がれるよう設計されています。

an2015001006

パワートレーンと搭載バッテリー位置。運転席と助手席シートの下の位置に駆動/蓄電用バッテリーが2個配置され、シートの後ろに3.0リッターV6ターボエンジンと1モーターミッドシップレイアウト。トランスミッションは9速ATです。

an2015001007

ヨーロッパのスーパーカー同様リアウィンドウからVTECエンジンが見えます。

an20150010011

エクステリア

エクステリアは先代NSX同様ロングノーズ。全長は4470mm、全幅は1940mm。NA型は全長4430mm、全幅1810mmでトレッド幅は前/後1510/1540mmなので、新型のトレッド幅は1650mm前後となると思われます。先代よりもワイドトレッド幅を持つのでコーナーリングの安定度も更にパワーアップ。

an20150010010

フロントのエクステリアは細長いヘッドライトに角型LEDライトが6灯装着されて、メッシュカバーが施されたフェイスは猛禽類を思わせる迫力感を持ちます。

an2015001008

サイドにはミッドシップエンジンへ送るエアーインテークがリアテールの前側に左右2つ口が開いてます。

an20150010016

とても低いフォルムで全高は1215mm、ドライブポジションはスーパーローでまるで座椅子に座って運転するようなイメージとなる。地上最低高は車検が通るぎりぎりの高さ90mm強でしょうか。

an20150010017

ミッドシップエンジンなので本来ならエアーインテークは沢山必要としないのですが、新型にはモーターが2基フロント置きなので冷やす必要があるので比較的大口径のエアーインテークがフロントに設けられているものと思われます。

an20150010018

リアのエクステリアもすごくて、細長いコンビネーションランプに迫力のディフェーザーと真ん中に4本マフラーフィニッシャーが備え付けられています。

an20150010020

インテリア

インテリアはホンダレッド主体のデザインで、バケットシートはFD2タイプRにも装着されている同じものではありませんがホンダオリジナルと思われます。(レカロは高コストなので使わないと言うのがホンダの概念らしいです。)

an20150010013

ステアリングは逆Dシェイプの様な感じで、変わったデザインの三本スポークを採用します。

an20150010012

インパネは完全デジタル式の表示。V6ターボエンジンは以前のVTECのイメージとは裏腹に余り回らなくなっていて7500回転レッドゾーンです。

an20150010021

このフルデジタル液晶はリバースモニターにも切り替わるのかが気になる所です。

an20150010015

エンジン始動ボタンはオーディオパネルの下に備え付けられており、ダイヤル式のスイッチは走行モードを変更するダイヤルIDS「Integrated Dynamic System」切り替えスイッチです。

走行モードは3つ用意されていて「Quiet」モードはまちなか走行モード、「Sport」モードはハイウェイやワインディングを走行するモードで過給圧が上がりレスポンスが高くなるモード、「Sport+」モードは更に加給圧が上がるパワフルモードで、「Track」モードがサーキット走行用モードでフルパワーモードです。

an20150010022

ACURA NSX スペック

全長x全幅x全高(mm) 4470x1940x1215
ホイールベース(mm) 2630
定員 2名
エンジン ハイブリッド 3.5リッターV型6気筒DOHCツインターボエンジン フロントモーター2基
リアモーター1基 システム総合最高出力550ps
システム最高出力 581ps
システム最大トルク 65.9kgf.m
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
駆動方式 SH-AWD
JC08モード燃費 12.4km/L
トランスミッション 9速AT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする