マツダ 新型 NR-A ワンメイクレース用ロードスター 15MB ジムカーナ向けデミオを発売

マツダはJAF公認のナンバー付き自動車レースワンメイクレース用の新型ロードスター「NR-A」とジムカーナやダートトライアル向けデミオ「15MB」を発表しました。

マツダ公式ブログより

http://blog.mazda.com/archive/20150924_01.html

ロードスター NR-Aは2015年10月15日よりアンフィニ系列ショップにて販売。価格は2,646,000円(消費税込み)。

2015 ロードスター NR-A

デミオ 15MBはアンフィニ系列店とオートザム系列店にて2015年10月22日より発売。価格はオーディオレス仕様が1,501,200円、オーディオ+アルミホイール装着パッケージが1,566,000円(消費税込み)。

2015 デミオ 15MB

ロードスター NR-A 仕様

パワートレーンは1.5リッター直列4気筒DOHCエンジンSKYACTIV-G、トランスミッションは6MTのFR駆動方式。エンジンのスペック変更はなく最高出力131ps/7000回転、15.3kgf.m/4800回転。燃費はJC08モード17.2km/L、気になる車重は1010kgです。

主なサーキット仕様の内容としては車高調節機能付きビルシュタインダンパーキットの装着、大型ラジエターと大経ディスクローターを採用し、エンジンとブレーキを熱から守る改良が施され耐久性がアップしています。トルクセンシング式スーパーLSDは標準装備。

mnra003

タイヤは純正でヨコハマのハイグリップタイヤADVAN(ADVAN Sport V105)195/50R16が装着です。大経ディスクローターはスリッドは入らないタイプです。

mnra006

マフラーもデュアルパイプフィニッシャーが採用されます。

mnra008

レース仕様だからと言ってエアコンレスでは無く普通に街乗りも楽しめる仕様です。

mnra007

デミオ 15MB 仕様

15MBのパワートレーンはなんと1.5リッター直列4気筒DOHCエンジンSKYACTIV-G(ガソリンエンジン)が搭載されます。最高出力は116ps/6000回転、最大トルクは15.1kgf.m/4000回転。トランスミッションは6MT、駆動方式はFFとなる。JC08モード燃費は19.2km/L、車両重量はオーディオレスモデルでジャスト1000kg。

2015 デミオ 15MB

15MBが搭載する SKYACTIV-G1.5 エンジン。吸排気バルブを制御するS-VTにエネルギーロスを低減するオイル潤滑システムと4-2-1エキゾーストシステムを採用し、全域でフラットでパワフルなエンジンレスポンスチューニングが施さ、特に低速ターンを多く行う競技ジムカーナに最適なエンジンレスポンスを提供出来るものと思われます。

デミオ エンジン SKYACTIV-G 1.5

写真はオプションパッケージのアルミホール16インチx5.5Jを装着しています。15MBではオプションパッケージを含まないベースグレードだとスチールホイールにオーディオレスとなります。大経ブレーキは標準装備。

mnra0003

6速SKYACTIV-MTを採用した15MBのインテリア。

mnra0002

NR-A 15MB スペック

ロードスター NR-A デミオ 15MB
全長x全幅x全高(mm) 3915×1735×1235 4060×1695×1500
ホイールベース(mm) 2310 2570
定員 2名 5名
エンジン 1.5リッター直列4気筒DOHCエンジン SKYACTIV-G
排気量 1496cc
最高出力 131ps/7000回転 116ps/6000回転
最大トルク 15.3kgf.m/4800回転 15.1kg.m/4000回転
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
JC08モード燃費(km/L) 17.2 19.2
駆動方式 FR FF
トランスミッション 6MT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする