トヨタ 新型 S-FR レーシング コンセプト ガズーレーシングの仲間に加わるチューニングモデル発表

一時は開発中しかと囁かれたトヨタの低下価格販売を目指す1.5Lエンジンを搭載したFR駆動方式のライトウェイトスポーツカーS-FRのチューニングモデル「S-FR レーシング コンセプト」が2016年1月15日から17日まで幕張メッセで開催される東京オートサロン2016で初披露されます。

ソース、GAZOO RACING ニュースより

http://gazooracing.com/detail/10295668

2015 トヨタ S-FR レーシング コンセプト

ベースモデルとなる「S-FR」です。開発が凍結されたと一次期話題となりましたが、遅延しているだけであって開発は市販を目標に進行中。遅延の原因は当初国内向け販売を目的としていたのですが途中から北米での販売も視野に切り替わり、衝突安全基準等の見直しが図られているため遅れているとの事。

2016 トヨタ S-FR

こちらがチューニングが施されたエクステリアです。眼を見張るのは大きなリヤのGTウィングです、ルーフトップはカーボンが採用され黒色のカラーリングとなる。フロントリヤスカートにダウンフォースを得るための両サイドカナードが印象的。

2016gazofr002

リヤバンパーにディフェーザーもカーボン素材を仕様。センターデュアルパイプマフラーを採用され、フロントとリヤには赤い牽引フックが取り付けられていてまさにサーキット仕様のフォルムを身にまといます。

2016gazofr003

パワーユニットは不明。カローラと同じ2NR-FKE型の1.5リッターDOHCエンジンと駆動方式はもちろん後輪駆動でトランスミッションは6MTとなる事は判明しています。

2016gazofr005

見ての通りロードクリアランスは殆ど無く、市販モデルの予想全高1320mmに対しチューニングモデルは全高1270mmなので、約50mmローダウンされた強化サスペンションキットが装着されているのとドアミラーが空気抵抗を少なくする為なのかとても小型タプのドアミラーが取り付けられています。黒色なのでカーボン製なのかが気になる所。

2016gazofr006

リヤコンビネーションランプのレンズが白い。これも市販されたらサードパーティーからリヤコンビネーションランプのホワイト版がオプション販売で人気が出そうです。リヤフォグが無いのが気になります。

2016gazofr007

タイヤはブリジストンのハイグリップタイヤ「ポテンツァ S001 RTF」ランフラットタイヤが装着されている様です。ランフラットタイヤはサイドウォールが硬いと有名ですよね。

2016gazofr008

ホイールは8本スポークタイプのセンターロック式の可能性も。フロント軽量ドリルドディスクローターが採用されておりブレーキキャリパーは4ポット対向。

2016gazofr0010

2016gazofr0011

S-FR レーシング コンセプト スペック

全長x全幅x全高(mm) 4100x1735x1270
ホイールベース(mm) 2480
定員 2名
エンジン 1.5リッター直列4気筒DOHCエンジン(2NR-FKE型)
駆動方式 FR
トランスミッション 6MT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. adminkurumajyouhou より:

    すいません、ダイハツが作る事になる等の情報があるのですが86の後継モデルとして計画は進行している様です。新しい情報確認次第追記しますのでよろしくお願い致します。