トヨタ 新型 86 2017年改良情報

2016年7月5日ビッグマイナーチェンジされたトヨタの「86」は2017年3月頃足回りと剛性の強化とエンジンフリクション低減等の改良が施される。

ZN6型のフルモデルチェンジは2019年、一部自動車メディアではマツダのND系ロードスタープラットフォーム共有する派生車と噂されています。

2016年新情報「ブレンボブレーキ装備 86 GTリミテッドハイパフォーマンス・パッケージ」11月14日発売&2017年1月31日まで期間限定販売する「GT“Solar Orange Limited”」を追加。

2017 トヨタ 86

2017 主な改良内容

主要な改良点はアクセルのオンとオフ時の応答性能の向上とコーナーリング時にサスペンションへの影響を軽減するエアフローの見直しとダンパースプリングのバネレートの見直し

2016t-09173

エクステリアは新しいデザインのスプリッタ付きフロントバンパー17インチアルミホイール採用と、86GTグレードにはフォグランプハウジングにLEDイルミネーションランプが取り付けられさらにラグジュアリーな仕上がりに。

インテリアは一部の素材変更のみとなる様子。

2016t-09172

2017年モデルチェンジの時期は確定次第更新致します。

2016t-09174

2016t-09175

ブレンボブレーキ装備 86 GTリミテッドハイパフォーマンス・パッケージ

2016年11月14日にフロント4ポット対向ブレンボブレーキキャリパー装着の特別仕様車「86 GTリミテッドのハイパフォーマンス・パッケージ」を発売。

86 ソーラーオレンジ・リミテッド

リヤは2ポット対向だがブレンボのブレーキキャリパーを装備。その他ザックス製ダンパーキットに専用アルミホイール標準となる。

販売価格は6MTモデルが3,394,440円、6ATモデルが3,461,400円。

2016-t-20161025002

特別仕様車 GT“Solar Orange Limited”

ベースグレードはGTリミテッドハイパフォーマンスパッケージです。特別装備内容としてソーラーオレンジボディカラーとインテリアにオレンジステッチが適用される。

2016t-11141

一番の特徴はインテリアに施されるオレンジ刺繍の86マーク付インストルメントパネルオーナメント。これはポイントが高い。

2016t-11145

販売価格

  • 6MT 3,251,880円
  • 6AT 3,318,840円

販売は2017年1月31日までですが納車予定は2017年3月10日以降。

2016t-11142

2016t-11143

2016t-11144

2016年7月 改良内容

マニュアルトランスミッションを搭載する86のみエンジン出力向上が図られる。

MT グレード 最高出力207ps/7000回転 最大トルク21.6kgf.m6400-6800回転。

AT グレード 最高出力200ps/7000回転 最大トルク20.9kgf.m6400-6600回転。

2016t-86-1

3月開催のジュネーブモーターショーで先行公開された改良点はエンジンの出力アップ、エクステリアとトランスミッションのギア比と剛性のアップ。

FA20型エンジンは最高出力200ps→205ps、最大トルク20.9kgf.m→21.5kgf.mへパワーアップ。

エクステリア変更点確定情報です。ヘッドライトユニットのLEDイルミネーションランプ一が上から下に変更され、バンパー両サイドにあるフォグのランプが丸型から四角型に変更されウィンカーランプがヘッドライトユニットに統合されます。愚論とロアグリル側のインテークが大きく広げられボルトオンターボの前置きインタークーラーの設置がしやすくなる。

2016 トヨタ 86

86の新しいエンブレム。グリルとリヤゲートにはトヨタの「T」エンブレムでヘッドライトレンズの横にステッカーを貼り付けている。

2016t86-n001

次期86の開発情報は無いのですがフルモデルチェンジを示唆するのか。

2016t86-n0010

201600186001

リヤコンビネーションランプも流行りのLEDランプを多用しブレーキランプはレンズ周囲部分が赤く点灯するデザインに変更される。

toyo2016001002

201600186002

純正センターオーナメント付きアルミホイールのデザインも二本スポークタイプデザインのものが採用されます。

toyo2016001005

201600186003

気になるエクステリアはキーンルックにも見て取れるロアグリルが大きく口を開いたデザインを採用する点です。ロアグリルにはメッシュカバーが装着されます。

2016 トヨタ 86

エクステリアの他にトランスミッションの最終減速比を加速力重視のローギアード設定と変更となり、よりリニアなアクセルワークを楽しむ仕様となります。ただローキギアード化により燃費は若干悪くなるとの事。

2016sbrz002

2016t86-n002

2016t86-n003

2016t86-n005

2016t86-n006

2016t86-n007

2016t86-n008

情報は未だ出ていないのですが新色も恐らく追加となると思われます。流行りのタンジェリンオレンジやサンライズイエローカラーが追加される可能性も高い。

こちらは現行86です。2014年4月にサスペンションダンパーの強化が施され、エクステリアではルーフトップにシャーク型のアンテナが標準装備される。2015年2月に2度目の改良が施されボディー剛性の強化と電動パワーステアリングの特性変更が実施される。

3度目はビックマイナーチェンジと言う事になるもののスバルが開発したFA20エンジンの改良は無い模様。

2016sbrz0031

海外でカモフラージュされた新型86のテスト走行の様子がキャッチされています。ロアグリルが大きく開いているのが見てわかります。エンジンフードも同じデザインで期待されていたターボの採用は無い模様。せめてサードパーティー製のターボを搭載しやすくなるようクラッチとブレーキの強化やベルト類の改良もして欲しかった。

2016sbrz0032

リヤのトランクにローアームのウィングが取り付けられているのが見えます。マフラーフィニッシャーは左右二本出し、リアバンパーのアンダースポイラー中央には三角のリヤフォグランプが見えます。

2016sbrz0033

ブレーキ周りも現行モデルと同じフロント4ポット、リヤ2ポットキャリパーとなるようです。車が軽いのでその点は気にしなくても良いと言う事になるのでしょうか。

2016sbrz0035

発売は2016年を予定しているので、プロジェクター式のヘッドライトではなくレクサスが採用する角形LEDへと変更される等も期待したい所です。

その他、トヨタが押し進める自動ブレーキシステム「セーフティーセンス」がどうなるのかも注目となると思われます。予想では6速ATモデルにのみ装備できるようになると思うのですが。

2016sbrz00336

2016年 86 スペック

6AT 6MT
全長x全幅x全高(mm) 4240x1775x1320
ホイールベース(mm) 2570
定員 4名
エンジン 2.0.ッター水平対向4気筒DOHCエンジン(FA20型)
最高出力 200ps/7000回転 207ps/7000回転
最大トルク 20.9kgf.m/6400-6600回転 21.6kgf.m/6400-6800回転
JC08モード燃費(km/L) 12.4 11.8
駆動方式 FR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あきら より:

    86購入しました。来週納車です、楽しみ

  2. 閲覧者 より:

    6MTの金額、桁数1つ多くないですか?