トヨタ 新型 G’s シエンタ 純正カタログモデルとして発売の可能性

トヨタのスタイリッシュエアロと足回り合成アップとブレーキングを強化したチューニンググレード「G’s」シリーズは改造車扱いとならず、今後トヨタ純正のカタログモデルとして販売。

2016 トヨタ G's シエンタ

2016年現行のG’sシリーズには(アクア / ハリアー / プリウスα / ヴィッツ / ノア / ヴォクシー / マークX)が設定されているものの、トヨタ純正の自動車扱いでは無く全て改造車扱いとなるので、販売店で購入後に別途G’s車を車検場へ持ち込み登録する必要があり審査に時間が掛かり納期がなると言うデメリットがありました。

例 http://toyota.jp/voxy/ecocar/

改造車扱いの為、場合によってはエコカー減税から外れてしまう可能性もあるが純正扱いならその様な心配無く購入出来る。またG’sがカタログモデルの純正扱いとなると別途登録の必要も無く購入から納期が格段に早くなる。

ウェルキャブ・G’s・カスタマイズカー等は持ち込み登録のため、登録時の実測値により、自動車重量税ならびに自動車取得税の軽減対象から外れる場合や軽減額が変わる場合がございます。

G’s純正扱いとしてその第一弾はノア&ヴォクシー、第二弾は「G’s シエンタ」の登場が噂されています。純正扱いとなる場合「G’s」シリーズではなく「GR」シリーズに切り替わる可能性も。

20160523sienta003
2016 トヨタ GR シエンタ

G’s シエンタ 主な改良内容

メインは車両剛性の強化。

ドア開口部とロッカーフランジにスポット溶接を加え、走行時のボディの変形を防止するためのブレースを追加補強。

20160523sienta005

専用15mm前後ローダウンサスペンションダンパーキット。剛性を強化したシエンタに最適な減衰力セッティングに150%前後のやや固めのバネレートのダンパースプリングが採用され、ルーフが高いシエンタのコーナーリング時とハイスピードで走るハイウェイでの車線変更時のふらつきを低減。路面に吸い付くようなステアリング感覚に仕上がる。

20160523sienta006

専用フロント&サイド&リヤエアロの装着。パワーユニットのチューニングは無いが、ハイウェイ走行時にダウンフォースを得られるようリップスポイラーにサイドスカートとディフェーザー付きリヤアンダースカートの装着。フロントロアグリルはさらに大きなエアインテークが採用されバンパー含めつや有りブラック塗装に統一。

20160523sienta008

インテリアは赤いアクセントが多様。エンジンプッシュスタートボタンは赤いスタートボタンの変更とレッドステッチ入りシート&ステアリング等。

20160523sienta0010

2016 シエンタ ベースグレード スペック

G’sチューニングを受けるモデルはロードクリアランスが-15mm~-20mmとなるので全高はFF駆動方式モデルなら1675mm→1655mm。

ハイブリッド ガソリン 2WD ガソリン 4WD
全長x全幅x全高(mm) 4235x1695x1675 4235x1695x1695
ホイールベース(mm) 2750
定員 6名 / 7名 6名
エンジン 1.5リッター直列4気筒DOHC (1ZN-FXE型) 1.5リッター直列4気筒DOHC (2NR-FKE型) 1.5リッター直列4気筒DOHC (1ZN-FE型)
最高出力 74ps/4800回転 109ps/6000回転 103ps/6000回転
最大トルク 11.3kgf.m/3600-4400回転 13.9kgf.m/4400回転 13.5kgf.m/4400回転
モーター 2LM型
モーター最高出力 61ps
モーター最大トルク 17.2kgf.m
駆動方式 FF 4WD
JC08モード燃費(km/L) 27.2 20.2(Gグレード) / 20.6(V Vパッケージ含む) 15.4
トランスミッション 電気式無段変速機 Super CVT-i
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする