フォルクスワーゲン 新型 トゥーラン 3列シート7人乗りミニバン 2016年1月12日発売

フォルクスワーゲンの3列シート7人乗りミニバン「トゥーラン」の新型モデルが2016年1月12日より国内にて発売開始されます。今度の新型はキリッと引き締まったエクステリアデザインへの変更と自動ブレーキアシストシステムが標準装備となります。

2016 フォルクスワーゲン トゥーラン

フロント側の主な変更点はグリル周りがラグジュアリーとなりヘッドライトユニットも細く切れ長のレンズデザインとなりLEDイルミネーションランプもデザインの変更が加えられています。

2016-vto-003

リヤ側のデザインは大きく変わっていませんが、リヤコンビネーションランプにトランクゲートのデザインと排気マフラーがデュアルフィニッシャーへと変更されています。

2016-vto-002

左が新型トゥーランです、右側の現行モデルと比較すると全体的に丸みを帯びた部分が無くなり全体的にシャープな仕上がりとなります。ヘッドライトにリヤのコンビネーションランプも丸みを帯びていたものが切れ長なデザインへと変更が加えられています。

2016-vto-006

車両サイズは比較的小さく全長4527mm、全幅1841mm、全高1628mmと幅を除けばライバルとなるトヨタのノアやヴォクシーの全長4695mm、全幅1695mm、全高1825mmと近い全長で全高が低い分、高架下を通る高さ制限を余り気にする必要が無いメリットなどがあります。

因みにライバルとなるかは微妙ですが3列シート7人乗りのホンダのミニバンであるステップワゴンは全長4830mm、全幅1820mm、全高1695mmとトゥーランよりも全長が303mm長い。

2016-vto-007

パワーユニットは既に販売されているヨーロッパではガソリンエンジン2種類とディーゼルエンジン2種類の合計4種類のパワーユニットが設定されています。日本では現行モデルの1.4リッターターボエンジンのみの設定なので日本での新型トゥーランも同様に改良された1.4リッターターボエンジンのモデルが設定される可能性が高い。

ヨーロッパで販売されているパワーユニットは次の通りです。(ベースモデルは1.2リッターターボエンジンとなる。)

1.2リッターターボエンジン ベースモデル 1.4リッターターボエンジン 1.6リッターターボエンジン 2.0リッターターボエンジン
燃料 ガソリン 軽油
シリンダー数 直列4気筒
総排気量 1197cc 1395cc 1598cc 1968cc
最高出力 110ps/4600-5600回転 150ps/5000-6000回転 110ps/3200-4000回転 150ps/3500-4000回転
最大トルク 17.8kgf.m/1400-4000回転 25.4kg.m/1500-3500回転 25.4kg.m/1500-3000回転 34.6kg.m/4400回転
最高速度 189km/h 209km/h 187km/h 208km/h
0-100km/h到達加速時間 11.3秒 8.9秒 11.9秒 9.3秒

インテリアは3列シート7人乗りの設定と2列シート5人乗りの設定があります。

2016-vto-008

7人乗りは3列シートを折りたたむことで5人乗り同様に最大834リットルのラゲッジスペースです。

2016-vto-0010

多彩なシートレイアウトで工夫次第で車中泊も出来るアウトドア派の方にも最適。小さなお子さんならちょっとしたウォークスルーにも使えそうですよね。

2016-vto-0011

7人乗りはセカンドシート(5人乗り)とサードシートを折りたたむとワゴンのように広いラゲッジスペースとなります。

2016-vto-0012

自動ブレーキアシストはヨーロッパモデルでは「C」、「H」、「SO」グレード別で搭載される安全運転アシスト機能は異なるのですが、日本販売モデルは「シティエマージェンシーブレーキ」低速域衝突軽減アシスト、「プリクラッシュブレーキシステム」時速10km/h以上の速度範囲に衝突を軽減または回避するシステム、「レーンキープアシストシステム」時速65km/h以上で走行時の脇見運転予防車線監視システム&アラート機能等が標準装備となります。

2016-vto-0013

2016 トゥーラン スペック

全長x全幅x全高(mm) 4527x1841x1628
ホイールベース(mm) 2791
定員 5名 / 7名
エンジン 0.66リッター直列3気筒DOHCエンジン
最高出力 49ps/6500回転
最大トルク 6.0kgf.m/5000回転
燃費(km/L) 17.5
駆動方式 FF
トランスミッション 7速DCT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする