ポルシェ 新型 911 R クラス最軽量を実現した特別限定モデル発売

2016年3月開催のジュネーブモーターショーで発表されたポルシェの新型「911 R」が発表当日よりポルシェジャパンにて予約販売を受付開始。911クラス最軽量1370kg、4.0リッター自然吸気式水平対向6気筒エンジンを搭載する「羊の皮を被った狼」とメーカーは表現している。販売台数は限定911台、販売価格は26,290,000 円。

2016 ポルシェ 911 R

ホワイトボディに赤い二本のストライプラインが入るエクステリアは何処の誰が見ても羊とは思わないとてもレーシーなデザイン。

2017911001002

パワートレーンは「911 GT3 RS」と同じ4.0リッター水平対向6気筒エンジン自然吸気式、最高出力500ps/8250回転、46.9kgf.m/6250回転、RR駆動方式、トランスミッションはPDKではなく6速MT。0km/h-100km/h加速時間わずか3.8秒、最高速度は時速323km/h。ヨーロッパの自主規制上限速度250km/hのリミッター無し。

2017911001005

徹底的な軽量化。

フロントフードカバーとフェンダーにはカーボンを仕様、ルーフトップはなんとマグネシウム素材にリヤウィンドウはポリカーボネート素材が採用。

インテリアも2列目リヤシート無し遮音性の低い軽量化ドアパネルの採用。

エアコンクライメートコントロールとIVIはオプション。

2017911001006

シャシー制御は6MTに最適化及び次のシステムを装備。

リアアクスルステアリング / ダイナミックエンジンマウント / アクティブサスペンション・マネージメントシステム (PASM、ロードクリアランスを30mm低く設定) / スタビリティ・マネージメントシステム (PSM) / トルク・ベクトリング (PTV)。

軽量化が図られているわりにはしっかりとしたトラクションコントロールアシストも装備される。

201791100100210

セラミックブレーキユニットの採用。

強力な加速力に対して高い制動能力も必要とされるのですが、このモデルにはセラミック・ドリルド・ディスクローターが採用されていてフロントは410mm/6ポット対向キャリパー、リヤ390mm/4ポット対向キャリパーを標準装備。

尚、ホイールはセンターロック方式を取り入れている。

201791100100212

2列目シートが無くともレースカーの様な金属剥き出しと言う訳では無く意外とラグジュアリーです。ステアリングにはポルシェのエンブレムが入りホワイトステッチがステアリングにシフトブーツに随所に見られます。

注目はなんといってもショートストロークの6速マニュアルトランスミッションの911シリーズでの復活。911 GT3 RSのPDKのシフトアップ速度(0km/h-100km/h加速時間わずか3.3秒)には負けますがダイレクト感はMTの方が満足度が高い。

2017911001007

シートはさすがサーキット仕様フルバケットシートが標準装備。

2017911001008

2016 911R スペック

全長x全幅x全高(mm) 4532x1900x1276
ホイールベース(mm) 2457
定員 2名
エンジン 4.0リッター水平対向6気筒エンジン
最高出力 500ps/8250回転
最大トルク 46.9kgf.m/6250回転
駆動方式 RR
トランスミッション 6MT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする