日産 新型 セレナe-POWER パワフルな駆動モーターを搭載し2017年8月頃発売

日産は2016年8月24日に「セレナ」フルモデルチェンジを発表。約1年遅れでエンジンで発電してバッテリーに充電する仕組みのレンジエクステンダーシステムを搭載する「セレナ e-POWER」を発売。

発売日は2017年8月頃、同システムを採用する「ノート e-POWER」モデルはベースグレードよりも約50万円程アップ。

予想発売価格は一番安い「セレナ e-POWER Sグレード」予想価格2,935,400円前後。

e-POWERシステムはノートのものと同じ1.2L発電用ガソリンエンジンにリチウムイオンバッテリーを組み合わせたシステムを採用する。(2.0L発電用エンジン+最高出力200ps前後のモーターを採用すると言う情報もあります。)

2017 日産 セレナ e-POWER

新型C27系ニスモセレナも同時期に発売。

2017 ニスモセレナ

8月24日に発売された自動運転システム「プロ パイロット」搭載モデル。

20160903003

2016年モデルチェンジされる次期「セレナ」には量産車では初となる高速道路のみ起動可能な自動運転システム(先行車追随、コーナーリング、合流、車線変更、渋滞時の停車発進をこなす)搭載する「セレナ プロ パイロット」も登場します。

2016n-0816-1

発表記者会見および公道デビューイベントの模様を生中継。

日産公式新型セレナ公道デビューイベント情報はこちら

次期 セレナ 特徴

発売は2016年9月より。設定されるパワートレーンは2.0リッターガソリンエンジンと2.0リッターガソリンエンジン+マイルドブリッドの2種類。

セレナハイブリッドのスペックが確定しました。燃費はライバル「ノアハイブリッド 23.8km/L」に及ばず17.2km/Lとなる。

2016 日産 セレナ

セレナスタイリッシュグレード「ライダー」。スポーティなエクステリアにラグジュアリーなインテリアを採用する上位グレード。安全運転アシストシステムの「日産 セーフティパック B」はメーカーオプション。

2016 日産 セレナ ライダー

新しく公開された写真「セレナ ハイウェイスター」

2016n-serena-01

全体的に開放感の高い仕様なのかウィンドウ面積が大きい。スモークが施されているのでプライバシー的には問題ない。

2016n-serena-02

ハイウェイスターの写真をよく見ると2トーンルーフはフローティングデザインが採用されている。

2016n-serena-5

エクステリア

セレナ設定ボディカラーはツートーンカラー4種類含む全13種類。

シングルカラー「ホワイト / ブリリアント ホワイト パール / ブリリアント シルバー / カシミヤ グレージュ / マルーン レッド / インペリアル アンバー / ダイヤモンド ブラック / シャイニング ブルー  / アズライト ブルー」

ルーフトップツートーンカラー「マルーンレッド&ダイヤモンドブラック / ブリリアントホワイトパール&ダイアモンドブラック / ダイヤモンドブラック&ブリリアントシルバー  / カシミヤグレージュ&インペリアルアンバー」。

2016n-serena-7

2016n-serena-06

2016n-serena-012

2016n-serena-011

2016n-serena-010

2016n-serena-08

2016n-serena-07

セレナライダー エクステリア

日産自動車ベースのコンプリートカーを販売する「オーテック・ジャパン」から販売される「セレナライダー」。

エクステリアは専用グリル&バンパー(メタル調フィニッシュ)にサイドシルプロテクター。

ライト類はフォグの下が青く光る「ブルーホールLED」にLEDリヤコンビネーションランプ(クリアライナータイプ)標準装備。

2016n-08246

ブルーホールLED。LEDフォグランプはオーテック・ジャパンオプションです。

2016n-082417

2016n-08247

2016n-08248

2016n-082410

2016n-082411

インテリア

運転席のインストルメントパネルはフルデジタル且つ車庫入れアシストのアラウンドビューモニタがインストルメントパネル内に統合。

2016n-serena-3

2016n-serena-013

2016n-serena-015

2016n-serena-016

2016n-serena-018

ステアリングスポークのマルチファンクションスイッチの隣に「オートパイロット」(自動運転)ボタンがレイアウトされている。

2016n-serena-020

セレナライダー インテリア

セレナライダーのインテリアです。ステアリングとインパネ及びシートにブルーステッチ。

ドアトリム&インパネは専用スエード調が採用され、シート素材はクリスタルスエード。

2016n-082413

2016n-082414

2016n-082415

2016n-082416

自動運転機能

次期セレナには自動運転「プロ パイロット」搭載。ハイウェイスターグレードに標準装備される。

新CM動画。渋滞の多い日本の道路事情にも最適化。


セレナオートパイロット(自動運転)の内容。当初の説明とは若干異なり、ドライバーは完全にステアリングから手を離す事は出来ないシステムとなる。

「低い速度域では先行車が居る時に限り、車線の中央をキープするようハンドルを制御します。高い速度域なら単独走行も制御します。ただし、ハンドルから手を離すと10秒で警告し、その後、制御を止めます」

ステアリングから手を離す事は出来ないが自動車の運転から一定的に開放される為、景色を楽しんだりスマートフォンでSNSをチェックしたりゲームを楽しんだりする余裕はありそうです。

2016n-serena-021

2016n-serena-023

シートレイアウト

2016n-serena-025

2016n-serena-051

2016n-serena-052

ライト

ヘッドライト&リヤコンビネーションランプ点灯時の写真。

ダブルヘッドライトのエンジンフード側のラインに沿ってLEDイルミネーションランプが点灯。ヘッドライトは温度が6000k前後あると思われるLEDバルブが採用されている。

フォグランプは4300kとほぼ太陽の光に近い色でハロゲンランプが採用されている。

2016s-601608011

近くで見るとLEDイルミネーションランプがメルセデスの自動車の様にとても美しい。

2016s-601608012

リヤコンビネーションランプもリヤゲートガーニッシュに沿って赤いラインが点灯している。ポジションを兼ねたイルミネーションラインだと思われる。

2016s-601608013

確定以前のスクープ予想情報

テスト走行しているセレナのスクープ写真。窓がとても大きいのが印象的、開放感抜群のインテリアとなるのか。

2016nse003

2016nse005

2016nse006

燃費不正問題を受け販売中止となったデイズ&ルークス販売台数分を次期セレナとノートの投入で取り返す事が出来るほど、セレナの自動運転システムはすごいらしい。

2016n-serena-022

現行C26型セレナ・NISMOグレード。

2016seev003

セレナEVのパワートレーンは発電用1.2リター直列3気筒エンジンに駆動用EM57型モーター最高出力109ps、最大トルク25.9kgf.m、駆動方式FF、トランスミッション無し。JC08モード燃費は24.0km/Lと予想されています。

高コストで重たい大きな駆動用バッテリーは持たず、必要最小限の蓄電池を装備し駆動に必要な電力を常時エンジンで発電させて走行させる仕組み。

予想販売価格、ガソリン車は2,300,000円前後、レンジエクステンダー車は3,000,000円前後。

2017年次期セレナの確定エクステリア。フロントフェイスはグリルアーチの様なデザインの控えめなVモーションと大きなヘッドライトレンズが印象的。トヨタのキーンルックとは対照的。

2016n-serena-026

2016n-serena-027

2016nse002

テストカーの運転席。インパネシフトのすぐ横にエンジンスタータープッシュスタートボタンが見える。

2016-n-serena01

ステアリングが以外にもスポーティタイプのDシェイプデザイン。マルチファンクションスイッチも見て取れる。ここでオートドライブを制御することになると思われる。

2016-n-serena02

インストルメントパネルはダッシュボード目線やや上にレイアウトのフルデジタル式メーター類。

2016-n-serena03

CVTシフトレバーは2016年モデルとなるにもかかわらずレトロなデザイン、最新の電子式が採用される事を期待したい。

2016-n-serena05

こちらは2015年後半に掲載した予想予想エクステリア。

2018 日産 セレナEV

2016seev002

2016年発売のセレナはキープコンセプト。ライバルはトヨタの人気ミニバン「ノアとVOXY」とされているので、エッジの効いたVモーションデザインよりも「セレナ ニスモ」の様なラグジュアリー且つスタイリッシュなデザインが採用されるのかとても楽しみ。確定エクステリア情報確認次第追記アップ致します。

2016seev005

インテリアはオートドライブが搭載される事になるのでインストルメントパネル周りは大幅に変更が加えられそう。写真は現行C26型のもの。

2016seev008

2016seev0010

2016 ガソリンエンジンモデル セレナ 販売価格

グレード 販売価格
B 2,316,600円/2WD 2,603,880円/4WD
S 2,435,400円
X 2,489,400円/2WD 2,733,480円/4WD
G 2,847,960円/2WD 3,135,240円/4WD
ハイウェイスター 2,678,400円/2WD 2,965,680円/4WD
ハイウェイスターG 3,011,040円
ハイウェイスタープロパイロットエディション 2,916,000円/2WD 3,176,280円/4WD
ハイウェイスタープロパイロットエディションG 3,187,080円

セレナハイブリッド 確定スペック

全長x全幅x全高(mm) 4690x1695x1865
ホイールベース(mm) 2860
エンジン 2.0リッター直列4気筒DOHCエンジン
エンジン最高出力 150ps/6000回転
エンジン最大トルク 20.4kgf.m/4400回転
モーター最高出力 2.6ps
モーター最大トルク 4.9kgf.m
JC08モード燃費(km/L) 17.2
駆動方式 FF
トランスミッション CVT

セレナEV ノア VOXY 比較

上から二番のノアと一番下のVOXYはどちらかと言うとアルファードとヴェルファイア小型版と言う印象で両車ともラグジュアリー且つスタイリッシュだ。

対するイメージ写真ではあるがセレナEVは近未来的ではあるが高級感があるとは言い難い。

2016seev007

スペック比較。セレナEVのスペックは予想です。

セレナEV ノア VOXY (ハイブリッド)
全長x全幅x全高(mm) 4700x1695x1870 4695x1695x1825
ホイールベース(mm) 2860 2850
定員 7名-8名 7名
エンジン 1.2リッター直列3気筒DOHCエンジン(発電用) 1.8リッター直列4気筒DOHCエンジン(2ZR-FXE型)
最高出力 99ps/5200回転
最大トルク 14.5kgf.m/4000回転
モーター EM57 5JM
モーター最高出力 109ps 82ps
モーター最大トルク 25.9kgf.m 21.1kgf.m
JC08モード燃費(km/L) 24.0 23.8
駆動方式 FF
トランスミッション CVT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 重井長次郎 より:

    カローラ・ビスタ・ローレル・セレナといずれも新車を購入10年以上のり、乗り換えてきました。70才前の私にとって、最近の誤操作・体調不良による事故等を聞くたびに運転サポートシステムの期待は大きくなります。
    現在のセレナは大変気に入っていますが、何しろ16年、乗り換えを、この夏にするか もう一年待つか迷っています。多分最後の車になると思いますので・・・。
    今後の記事を期待しております。

    • adminkurumajyouhou より:

      こんにちは、次期セレナの自動運転技術の情報確認次第追記させて頂きます。素晴らしいオートドライブと言う噂がありますので期待して大丈夫だと思います。