トヨタ 新型 C-HR ハイブリッドSUVを2016年12月発売 販売価格は264万6千円より

2015年11月に開催されたロサンゼルスモーターショーでは「サイオン」として公開されたトヨタの全く新しいSUVモデル「C-HR」を2016年12月24日発売されわずか一ヶ月で48,000台(ハイブリッド車37,000台、ターボ車11,000台)を販売すると言う大人気車種に。

ラインナップは1.8リッターエンジン+モーター搭載するハイブリッドモデルに1.2リッターターボエンジンを搭載する4WD駆動モデル。E-Four駆動方式&MTの設定無し

燃費は1.8Lハイブリッドモデルが30.2km/L、1.2Lターボモデルが15.4km/L。

2016t-11191

11月10日より2次先行予約再開。詳しくは各トヨタ販売店又はトヨタ公式C-HRのWEBページまで。

2016t-11051

確定販売価格はガソリン車が251万円より、ハイブリッドが264万円より。

全グレードに86GT”Limited”も採用するフロントSACHSダンパー標準装備、1.2Lターボグレードは4WD駆動のスポーツ志向の強い仕上がりに。

2016t-09281

国内ラインアップは3ドアモデルと5ドアモデル。パワートレーンラインナップは1.5リッターエンジン搭載モデルも噂されているのですが、以下のラインナップとなる模様。

1.2リッターターボエンジン FF/4WD駆動方式 CVT/6MTトランスミッション。

1.8リッター+モーター ハイブリッド FF駆動方式 電気式無段変速機。

2016t-chr-01

2016t-10191

概要

パワーユニットは3種類で駆動方式はFFと4WD(E-Fourの設定無し。)でマニュアルトランスミッションの設定は無くガソリンエンジンモデルはCVT、ハイブリッドモデルは電気式無段変速機。またザックス製ダンパーキットを装備するスポーツドライブ重視のグレードも用意される。

1.8リッター直列4気筒エンジン+モーター 駆動方式FF トランスミッション電気式無段変速機。

1.2リッター直列4気筒ターボエンジン 駆動方式FF/4WD トランスミッション6MT/CVT。

2.0リッター直列4気筒エンジン 駆動方式FF トランスミッションCVT。

ドライブアシスト機能「トヨタ セーフティーセンス P」を採用。

2016chrt001

2016chgr0011

エクステリア

C-HR市販モデルの確定エクステリア。殆どコンセプトモデルのデザイン。Aピラーの角度が大きくなっているものの、Cピラー側に掛けて低く5ドアながら2ドアクーペの様に見える。

2016 トヨタ C-HR

ルーフスポイラーは4本のアームで固定されたようなデザインが採用されていて、リヤバンパーはエアー抜き穴風のリフレクター付きデザインのリヤフォグ付き。

2017toyoch001003

アンテナはモデリスタオプションで用意されているトップノットアンテナでは無くシャークフィンタイプとなる。

2017toyoch001005

4代目プリウスのモデリスタに設定のあるLEDイルミネーションランプ付きトップノットアンテナ。標準装備にして頂きたいアイテムの一つだ。

2017toyoch001006

今度の新型SUVのエクステリアはモーターショー向けなのでルーフトップが実用的では無く見た目有線となっているので、市販車は全体的にはAピラーからルーフエンドに掛けて手直しがなされると思いますがフロントグリル周りはほぼそのままのデザインが採用されるものと思われます。

C-HR

フロント側のデザインは2015年モデルから取り入れられているトヨタのデザインブランド

「キーンルック」が採用されていて、気になるのがヘッドライトの明るさなのですが全体的に8000ケルビン以上が人気なのか青白い。LEDランプは直線的に光りを放つので6000ケルビン以上の方が視認性が良くなるのかもしれません。

このヘッドライトユニットの波波のラインが入っているのですがそれも点灯する仕様です。新しいイルミネーションランプデザインで流行りそうですよね。

2016chgr003

パワートレーンの詳細は確認できていないのですが、プラットフォームは新型プリウスと共有する技術「TNGA」を用いるので低燃費にも期待できそうです。その他駆動方式はもちろんFFベースではあるものの、既に大型SUV「ハリアー」に導入済みで実績のある「E-Four」(フロントエンジン駆動、リヤモーター駆動方式の4WD)の設定も期待出来るとの事。

車重が重くなければJC08モード燃費は35.0km/L(2WD)、30.0km/L(4WD)は伸びるものと思われます。

2016chgr005

プラットフォーム情報のソース。

C-HRのコンセプトは、車を低重心、より応答ハンドリングと見事に快適な乗り心地を与えるトヨタの新しいグローバル・アーキテクチャ(TNGA)をフィーチャープラットフォーム上に構築されます。

2016chgr0012

リヤのエクステリアはインパクトが高く、まるで妖精の羽のように見えるリヤコンビネーションランプとエア抜き口も兼ねているリヤバンパーデザインが採用されている。

2016chgr006

リアハーフスポイラーなのかスキッドプレートなのかよくわからないデザインのパーツが取り付けられているのですがとても良く似合っている。車両したのモール類はピアノブラックカラーリングが採用されている。

2016chgr007

ホイールは大型21インチサイズもあり、ロードクリアランス性を重視。

2016chgr008

オフロードもラフロードも走れる且つ全高低いフォルムでスポーティーさ満点。

2016chgr0010

こだわりのリヤスポイラー

デザイン性とエアフローを考慮したスタイリッシュでこだわりのあるリヤスポイラーをチーム全体を巻き込み開発し実現。

2016t-10253

開発チーフの樽崎氏はウィングと呼んで欲しいと語るほど、航空機の尾翼を意識した美しい仕上がりに。

2016t-10252

Wルーフスポイラーでは無いところがリヤ側のデザインをラグジュアリーに仕上げている。空力性能にこだわりを持たせているのでその走りも素晴らしいものに。

2016t-10254

ボディーカラー

C-HRのカラーバリエーションは全8色。2トーンカラーの設定は無し。

人気になりそうなカラーはホワイトパールかメタルストームとブラック。特にホワイトパールはラグジュアリーに乗るも良し、ルーフ&エンジンフードをカーボン調にしてスポーティに乗りこなす事もできる。

ホワイトパールクリスタルシャイン。(メーカーオプションカラー)

2016t-10131

メタルストームメタリック。

2016t-10132

ブラックマイカ。

2016t-10133

センシュアルレッドマイカ。(メーカーオプションカラー)

2016t-10134

ダークブラウンマイカメタリック。

2016t-10135

イエロー。

2016t-10136

ラディアントグリーンメタリック。

2016t-10137

ブルーメタリック。

2016t-10138

C-HR 量産型

撮影されたモデルはのボディカラーは「スーパーホワイト」と「レッドマイカメタリック」だと思われます。

ヘッドライトは86に似ていてリヤ側のバンパー左右に備え付けのリフレクターが点灯するなど若者が好むワンポイント満載。

2016chrt001001

2016chrt001005

2016chrt001003

2016chrt001002

2016tesut005

2016tesut006

2016tesut007

2016tesut008

C-HR インテリア

公開されたC-HRのインテリア。ダッシュボード中央にあるナビゲーション兼用マルチファンクション液晶モニタサイズが大きい。恐らく8インチ前後はあるものと思われる。

インテリアは全体テクにブラックカラーが採用されているのだがダッシュボードからアッパードアトリム途中までブルーカラーのアクセントラインが採用されているのが印象的。

右ハンドル仕様のインテリア。公開された北米仕様のものと少し異なり、アッパードアトリムからダッシュボードに連なる青いラインが無い

2016t-09161

2016t-09162

写真は北米仕様のインテリア。

2016 トヨタ C-HR インテリア

2016-t-chr-02

2016-t-chr-03

2016-t-chr-05

2016-t-chr-06

2016-t-chr-07

2016-t-chr-08

2016-t-chr-010

2016-t-chr-011

2016-t-chr-012

2016-t-chr-013

グレード&標準装備

C-HRのグレードは2種類あり、なんと走り重視のザックス製(86や姉妹車BRZのスポーツグレードに装着)ダンパー標準装備グレードも。

18インチアルミホイール装着のラグジュアリーグレード「G」の標準装備内容。

トヨタ C-HR Gグレード

  • 225/50R18タイヤ&アルミホイール
  • フロント&リヤ フェンダーライナー
  • ピアノブラック調ウィンドウモール
  • メッキウエストモール
  • ドアミラーウェルカムLEDランプ
  • UV&IRカットウィンドウ
  • 水滴感知ワイパー
  • ブラインドスポットモニター
  • クリアランス&バックソナー
  • フロントドアトリムライト
  • カップホルダーライト
  • 自動防眩ルームミラー
  • バニティミラーライト
  • 本革&ファブリック・コンビシート
  • 電動ランバーサポート
  • トヨタ ナノイー

トヨタ C-HR ラディアントグリーンメタリック

2016t-08291

GとG-Tグレード標準のラグジュアリーアイテム。

ウインカーが流れるようにループ点灯する「LEDシーケンシャルターンランプ」。

LED シーケンシャル ターンランプ

モデル名ロゴを表示する「ウェルカムランプ」。

モデル名表示 足元イルミネーション

ザックス製ダンパー装着の走り重視グレード「S」の標準装備内容。

トヨタ C-HR Sグレード

  • 215/60R17タイヤ&アルミホイール
  • ザックス製ダンパー
  • フロント&リヤ 16インチディスクブレーキローター
  • 前後フェンダーライナー
  • セーフティセンスP
  • LEDポジションランプ
  • ハロゲンヘッドランプ
  • ウィンカー&ヒーター付きドアミラー
  • スマートエントリー
  • 電動パーキングブレーキ
  • 本革巻きステアリング
  • ファブリックシート
  • サイド&カーテンエアバック
  • オーディオレス&6スピーカー

2016t-08292

C-HR 販売価格

万円未満は確認できていないのでご了承願います。

  • 1.8L FF ハイブリッド Sグレード 2,646,000円
  • 1.8L FF ハイブリッド Gグレード 2,905,200円
  • 1.2L 4WD ガソリン S-T 2,516,400円
  • 1.2L 4WD ガソリン G-T 2,775,600円

トヨタ C-HR スペック

2.0リッター自然吸気式エンジン&マニュアル・トランスミッションモデルは日本発売無し。1.2Lターボグレードは4WD駆動方式のみの設定となる。

ハイブリッド 1.2リッターターボ
全長x全幅x全高(mm) 4350x1795x1550 4360x1795x1565
ホイールベース(mm) 2640
エンジン 1.8リッター直列4気筒DOHC(2ZR-FXE型) 1.2リッター直列4気筒ターボ(8NR-FTS型)
最高出力 98ps/5200回転 116ps/5200-5600回転
最大トルク 14.5kgf.m/3600回転 18.9kgf.m/1500-4000回転
モーター 1NM
モーター最大出力 72ps
モーター最大トルク 16.6kgf.m
JC08モード燃費(km/L) 30.2 15.4
駆動方式 FF 4WD
トランスミッション 電気式無段変速機 CVT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Toyopon より:

    是非ともハイブリッド仕様に4輪駆動の設定をお願いしたいです!

  2. macky より:

    Gグレード説明の、写真を見ると冒頭にSグレードに加えてとあるので、ザックス製ダンパーなどSグレードの装備はGグレードにも備わるのでは?

    • adminkurumajyouhou より:

      すみません、はい全てのグレードにザックス製ダンパー標準となる様子です。

  3. touch より:

    販売価格でGグレードが安く、Sグレードが高くなっていますが、合っていますでしょうか?