ホンダ 新型 クラリティ 水素で走る燃料電池車FCVを2016年3月に発売

ホンダは2016年3月に水素を燃料とする燃料電池車FCVモデルである「CLARITY FUEL CELL (クラリティ フューエル セル)」をまずは地方自治体や企業を中心にリース販売し、後日個人向けへの販売されました。車両価格は7,660,000円。

ホンダの「クラリティ」は、70MPaの高圧水素タンクにわずか3分で水素を充填する事が出来その航続距離はなんと750kmを達成。最高出力130kW(177ps)と最大トルク300Nm(30.6kgf.m)高出力モーターを備えるのでダイレクトでレスポンスの良い走りも楽しめ且つ静粛性に長けています。

2016 ホンダ クラリティ フューエル セル

水素タンクは後部座席の後ろに大きなタンクが一つと、後部座席下に小さなタンクが一つの合計70MPaの水素を充填可能としている。

h2015fcv-0027

燃料電池パワートレーンはボンネットに搭載。

h2015fcv-0028

後部座席後ろに大きな水素タンクが備え付けされているものの、ラゲッジスペースは広い。

h2015fcv-0030

「Power Exporter 9000」コンバーターを組み合わせる事により一般家庭の7日分の電源を供給する事が出来る外部電源機能として使えるのも特徴的です。

Power Exporter 9000

「Power Exporter 9000」コンバーター接続インターフェース。蓄電では無く水素を燃料としてその場で発電する事が出来る。排出するのは水のみ。

h2015fcv-003

モーターがダイレクトにタイヤにトルクを発生するので、トランスミッションのギクシャクした感じは無くスムーズ且つ強力なトルクを低回転から発生し、ドライバーは気分に応じた2つの走行モード「スポーツモード」と「ノーマルモード」を選ぶ事が出来ます。

h2015fcv-005

「スポーツモード」と「ノーマルモード」の加速特性イメージ。時間は秒単位となると思われます。すポーチモードはわずか1秒未満でフルパワーを発生、ノーマルモードは上限パワーを抑えた出力を発生する。

h2015fcv-0026

ボディーカラーは3色用意されます。

ホワイトオーキッド・パール。

h2015fcv-0032

プレミアムブリリアントガーネット・メタリック。

h2015fcv-006

クリスタルブラック・パール。

補足、写真はアコードです。

h2015fcv-0031

エクステリアデザインは北米で展開するACURAブランドに似ているものの、バンパーから伸びるガーニッシュが「ソリッド・ウイング・フェース」を演出している。ヘッドライトは9灯LEDを採用。自動ブレーキサポートであるホンダセンシング標準。

h2015fcv-0015

サイドはプレスラインやダブルウェーブが採用されておらず、もう少し未来の車的なワンポイントが欲しい所。ホイールは18インチアルミホイールです。

h2015fcv-0010

車両サイズは比較的大きく、全長4895mm、全幅1875mm、全高1475mmと「クラウン」(4895mmx1800mmx1450mm)や「シーマ」(5120mmx1845mmx1510mm)に匹敵する大型セダンとなる。

h2015fcv-0015

h2015fcv-0016

h2015fcv-0017

インテリアはホワイトカラーを基調としたデザインでインテリア主要装備は次の通り。

安全面に長けた運転席用&助手席用i-SRSエアバッグシステムと前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)と運転席用SRSニーエアバッグシステムを標準装備。

フロントウィンドウに車速情報等を表示するヘッドアップディスプレイ、ホンダインターリンクナビ標準、エレクトリックギアセレクター、GPS機能付きフルオートエアコン(太陽の位置を計算して稼働するエアコン)。

h2015fcv-0025

h2015fcv-007

h2015fcv-0020

h2015fcv-0022

h2015fcv-0023

クラリティ フューエル セル スペック

全長x全幅x全高(mm) 4895x1875x1480
ホイールベース(mm) 2750
定員 5名
モーター MCF4型
モーター最高出力 177ps/4501-9028回転
モーター最大トルク 30.6kgf.m/0-3500回転
駆動方式 FF
燃料 水素
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする