トヨタ 新型 オーリス ハイブリッド 1.8Lエンジン+モーター 燃費は30.4km/L

2015年4月18日マイナーチェンジを受けた2代目180型シリーズの「オーリス」新型モデルが2車種追加されます。

発表直前に撮影されたオーリスハイブリッド。

2016orisu001

2016orisu002

2016orisu003

ヨーロッパで販売されている30型プリウスと同じハイブリッドシステムを採用する「オーリス ハイブリッド」。パワートレーンは1.8リッター(2ZR-FXE型)エンジン+3JMモーター、駆動方式FF、電気式無段変速機トランスミッション、JC08モード燃費は30.4km/L。

2016 トヨタ オーリス ハイブリッド

もう一つは「120T RS」モデル。現行120Tと同じパワーユニット1.2リッターダウンサイジングターボエンジンを搭載し、RSグレードと同じインテリア装備ですがトランスミッションは6MTではなくCVT。

発売価格は120T”RS package” 2,590,000万円。

2016aurh002

新型の発売時期は2016年の春頃とされていますが既に予約を受付けているはずですので「オーリス ハイブリッド」の購入をお考えの方はトヨタネッツ店またはトヨペット店にてご確認頂下さい。

尚、熱望されているオーリスワゴンの発売はありません。

オーリス ハイブリッド

発売価格HYBRID ”G package” 2,830,000円 / HYBRID 2,620,000万円。

エクステリアは現行モデルと大きく変わらずフロントとフェンダーそれにリヤゲートに「HYBRID」エンブレム装着。

2016aurh005

写真はヨーロッパで販売されているオーリスハイブリッドのインテリア。センターコンソール周りは現行モデルよりもすっきりとしたシンプルな仕上がりになる。

2016aurh0012

パワートレーンは冒頭も書きましたが30型プリウスと同じハイブリッドシステムが搭載されます。

1.8リッター直列4気筒DOHCエンジン(2ZR-FXE型)、エンジン最高出力99ps/5200回転、エンジン最大トルク14.5kgf.m/4000回転、駆動用モーター3JM型、モーター最高出力82ps、モーター最大トルク21.1kgf.m。駆動方式はFFのみ、トランスミッションは電気式無段変速機、JC08モード燃費30.4km/L。

自動ブレーキは「トヨタ セーフティセンス C」標準装備。

2016aurh008

車両サイズも現行型と同じCセグメントサイズの5ドアハッチバック、全長4330mm、全幅1760mm、全高1480mm、ホイールベース2600mm。

2016aurh006

リヤ側のエクステリアも現行型と同じでシャークフィンアンテナに小ぶりのルーフスポイラー、ブーメラン型ヘッドライトデザインに似たリヤコンビネーションランプとバンパー左右にリフレクターとなる。

2016aurh0011

鋭いキーンルックに大きく口を開いたロアグリルも現行型と同じですが、日本のモデルはフロントエンブレムが「ネッツ」エンブレム装着です。

2016 トヨタ オーリス ハイブリッド

2016aurh007

2016aurh0010

2016 オーリス スペック

ハイブリッド 120T RS
全長x全幅x全高(mm) 4330×1760×1480mm
ホイールベース(mm) 2600
定員 5名
エンジン 1.8リッター直列4気筒DOHC(2ZR-FXE型) 1.2リッター直列4気筒ターボエンジン(8NR-FTS)
最高出力 99ps/5200回転 116ps/5200-5600回転
最大トルク 14.5kgf.m/4000回転 18.9kgf.m/1500回転
モーター 3JM
モーター最高出力 82ps
モーター最大トルク 21.1kgf.m
JC08モード燃費(km/L) 30.4 19.4
駆動方式 FF
トランスミッション CVT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする