シトロエン 新型 C1 フーリオ キュートでスタイリッシュなコンパクトカーを2016年発売

シトロエンの最小コンパクト3ドアハッチバックモデルにキュートでスタイリッシュな「C1 フーリオ」をヨーロッパ発売。日本の正規ディーラでは取り扱いは無いが並行輸入で購入は出来る。シトロエン イギリス C1 公式サイト。

ベースグレードのシトロエンC1は2014年4月にフルモデルチェンジを遂げた2世代目でPSAプジョーシトロエンとトヨタ自動車との合弁会社の共同開発車両でトヨタ「アイゴ」とプジョー「107」姉妹車となる。

フロントフェイスは日産ジュークに似ておりリヤ側はフォルクスワーゲンのUPに少し似ているのが特徴。フロントグリルは2本ルーバーの中央に「ダブル・ヘルカルギア」エンブレムデザインとなる。

2016 シトロエン C1 フーリオ

C1のリヤ側です。フーフスポイラー風のテールエンドに四角いコンビネーションランプ、ホットハッチを思わせるセンター1本出しマフラーとメッキフィニッシャー。マッドガードがよく似合いそう。

2016c-c1f-2

VW up!のリヤ側の写真。ボディ形状そのものは違うのですがリヤゲートの色使いとリヤコンビネーションランプがC1と被る印象を受ける。

2016c-c1f-5

C1 フーリオ 車両サイズ

全長3470mm 全幅1620mm 全高1468mm ホイールベース2340mm。ライバルとなるスマートフォーフォー(車両サイズ 全長3550 全幅1665 全高1545mm ホイールベース2495mm)よりもC1の方が一回り小さい。

パワーユニット

1.0リッター直列3気筒DOHCエンジン 最高出力70ps/6000回転 最大トルク9.7kgf.m/4800回転 0-100km/h加速時間14.3秒 最高速度は時速160km/h。

1.2リッター直列3気筒DOHCエンジン 最高出力81ps/5750回転 最大トルク11.8kgf.m/2750回転 0-100km/h加速時間11.0秒 最高速度は時速170km/h。

写真はベースグレードの5ドアモデルのC1で今回発売されるフーリオは3ドア。

2016c-c1f-6

ハッチバックスタイルだが3ドアモデルの2列目は若干狭い。

2016c-c1f-7

真後ろから見るとリヤフェンダーが意外と出ていて結構レーシーな感じの仕上がりで、リヤゲートのシトロエンのエンブレムもよく似合っている。

2016c-c1f-8

日本でもメルセデスの子会社スマート社が発売するコンパクトカー(ルノー トゥインゴ 姉妹車)やフォルクスワーゲンup!の人気が高まっている為、Aセグメントサイズの3ドアハッチバックモデルをお探しの方は比較対象に入れてみては如何でしょうか。

2016c-c1f-3

C1 フーリオ イギリスシトロエン販売価格

1.0リッターモデル 10,855ポンドより(日本円で約1,140,000円)

1.2リッターモデル 11,205ポンドより(日本円で約1,177,000円)

2016c-c1f-11

2016c-c1f-10

2016c-c1f-12

2016c-c1f-13

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする