トヨタ 新型 パッソ 新開発エンジンを搭載し2016年春フルモデルチェンジ

女性に人気の実用性が高いコンパクトハッチバックモデルであるトヨタの「パッソ」が2016年4月11日にフルモデルチェンジされるとの事。

現行パッソは女性スタッフが中心となり女性目線でのエクステリアとインテリアに仕立てられ2010年に2代目パッソとして発売。今回の3代目も同様のキープコンセプトで開発された車に仕上げられている。

次期モデルはトヨタ独自開発と言う噂もあったのですが、今回もダイハツOEM提供となります。写真のエクステリアは確定デザインです。女性スタッフが中心で開発されたとの事ですがやや丸みが無くなりAピラーの角度が少ない。これにより室内空間は広くなると思われます。

2016pas-001

3代目パッソグレード別販売価格

X 1,115,200円

XS 1,215,000円

XLパッケージ 1,252,800円

XLパッケージS 1,317,600円

XGパッケージ 1,447,200円

MODA 1,431,000円

MODA S 1,495,800円

MODA Gパッケージ 1,657,800円

2016pas-002

2016pas-003

2016pas-005

2016pas-006

トヨタカローラ店にて発表される新型パッソモーダ。

2016 トヨタ パッソモーダ

こちらはレトロ感を持たせた「パッソ モーダ」です。丸いデザインのヘッドライトベゼルの周りがLEDイルミネーションランプで点灯してとてもオシャレ。グリルもベースモデルよりも綺麗なメッシュグリルカバーが採用される。

2016 トヨタ パッソモーダ

リヤ側のデザインは共通。ストップランプの中心にクリアレンズを使ったウインカーランプとバックランプが配置されるはやりのデザイン。

2016paso003

こちらはMODAグレードのリヤ側のエクステリアです。リヤバンパーが少しデザインが異なるのと左右のフィルレクターにメッキベゼルが取り付けられている。

2016pmoda001

運転席はインパネシフトですが、メーターがダッシュボード中央からステアリング側に配置変更となります。

2016pas-005

現行パッソの運転席レイアウト。新型ではナビの位置がもう少し高くなるのでマップ案内が見やすくなります。

2016paso006

パッソのボディカラーは全12色。モーダは7色、2トーンカラーはオプション。

ファインブルーマイカメタリック。

2016pas-007

2016pasomoda008

ブライトシルバーメタリック。

2016pas-0021

パウダリーベージュメタリック。

2016pas-0020

2016pasomoda003

ブラックマイカメタリック。

2016pas-0018

レモンスカッシュクリスタルメタリック。

2016pas-0017

2016pasomoda002

ホワイト。

2016pas-0016

ディープブルークリスタルマイカ。

2016pas-0015

2016pasomoda001

プラムブラウンクリスタルマイカ。

2016pas-0013

パールホワイトⅢ。

2016pas-0012

マゼンタベリーマイカメタリック。

2016pas-0011

2016pasomoda005

ファイアークォーツレッドメタリック。

2016pas-0010

2016pasomoda006

ダークエメラルドマイカ。

2016pas-008

2016pasomoda007

写真は現行パッソです。キープコンセプトと言うことなのですが同じ車種とは思えない程デザインの変更が加えられます。

2016 トヨタ パッソ

3代目には新開発の1.0リッター直列3気筒DOHCガソリンエンジンが搭載され、発進から停止時よりも少し前にエンジンが止まる賢いアイドリングストップ機能も加わり1.0リッターガソリンエンジン車クラストップの低燃費となる。

現行パワートレーンは1.0リッター直列3気筒DOHCエンジン(1KR-FE型)を搭載し、最高出力69ps/6000回転、最大トルク9.4kgf.m/4400回転、駆動方式はFF、トランスミッションCVTの構成でJC08モード燃費は27.6km/Lとなり既にクラス最高の低燃費となる。

2016ps002

衝突回避自動ブレーキアシスト機能ですが、もしダイハツOEM販売となると自動ブレーキは「スマートアシスト2」が搭載されます。トヨタ独自開発車両であれば自動ブレーキ「トヨタ セーフティ センス C」が装備されるのだが、もしそうだとすると標準装備となるのかグレード別設定となるのかが気になる所ですが、オプション設定とされても追加料金は54,000円前後となるので女性目線だとオプション装備出きるようにして頂いたほうがありがたい。

2016ps003

自動ブレーキサポートシステムは、子供さんを送り迎えするお母さんにも嬉しい機能で、どうしても子供さんに運転中気を取られる事があると思うのですが、これさえあれば本当に安心して車を運用出来ると思われます。

2016ps005

自動ブレーキだけではなく、ちょっとした脇見運転の時にも車線をはみでてしまうと警報で教えてくれる嬉しいドライブアシストも装備します。

2016ps006

インテリアの予想。現行モデルは女性目線で作り上げられた車なのですが、若干質素です。イメージ的には傘下のダイハツが作る「ココア」の様な作りになるやもしれないので期待大です。

現行パッソのインテリア。内装にすごい節約感が漂う言い方を変えればモダンなデザインです。

2016ps007

フルモデルチェンジのパッソはこんなにラグジュアリーに生まれ変わるかも。インパネシフトで利便性を確保。内装類は清潔感の高いホワイト系を多用したカラーが良いかもしれないですよね。

2016ps008

インパネ周りのデザインはよりレトロ感のある可愛らしいデザインとなる。

2016ps0010

2016 パッソ 予想スペック

全長x全幅x全高(mm) 3650x1665x1525
ホイールベース(mm) 2490
定員 5名
エンジン 1.0リッター直列3気筒DOHC直噴ガソリンエンジン
最高出力 69ps/6000回転
最大トルク 9.4kgf.m/4000回転
JC08モード燃費(km/L) 28.0
駆動方式 FF
トランスミッション CVT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 通りすがり より:

    トヨタカローラ店にて発表される新型パッソモーダ。が、Dのエンブレム。最前列にコペンセロがあるからダイハツのブーンの画像ですよね?