ホンダ 新型 S660 RA 無限チューニングのコンプリートカーを発表

ホンダの人気コンバーチブルスポーツ「S660」に無限チューニングを施されたコンプリートカー「S660 RA」のコンセプトモデルが2016年1月15日開催の東京オートサロンで披露。2016年5月下旬に「HONNDA S660 MUGEN RA」発売されます。詳しくは無限公式ページを参照。

http://www.mugen-power.com/automobile/complete/MUGEN-RA/

主なチューニングベースモデル内容。

カーボン製フロントグリル / ビルシュタインダンパーキット / BBS製アルミホイール / 専用デザイン本革スポーツシート。販売価格は2,890,000円(6MT/CVT)。

2016 ホンダ S660 RA

無限チューニングも軽自動車の自主規制は解除されず最高出力は64ps、最高時速は140km/h上限となる。

2016-s660ra001

2016-s660ra002

2016-s660ra003

2016-s660ra005

2016-s660ra006

ベース車両のS660をよりカスタムチューンして楽しめる様、エンジンスペックに足回りの強化とエクステリアにプレミアム性を持たせた無限コンプリートカーのプロトタイプです。自主規制の64psオーバーとなるのかも注目です。発売前の当初は軽自動車の自主規制スペックである64psを上回る計画があり、海外向けモデルには同じ0.66リッターターボエンジンで90ps仕様となると言う情報もありました。

2016tomi0012

ベースモデル写真右と比較すると無限S660用のパーツが使われているのかなと思ったのですがフロントグリルとリヤのマフラーのみカスタマイズされている様な印象でした。メインはECUのセッティングとダンパーキットと後は剛性アップと言った所でしょうか。

2016s660ra002

リヤ側はセンター1本出しマフラーがデュアルフィニッシャーに変更されているのみ。

2016s660ra001

こちらがすでに販売されている無限エアロ仕様です。

フロントにはアンダースポイラーとエンジンの熱を逃がす工夫が施されたエンジンフードが採用されています。

2016s660ra005

リアにはデュフューザー付きアンダースポイラーに大型リアウィングが装着されているのでコンプリートモデルであるRAは中身が驚く程異なるのかもしれない。

2016s660ra003

S660は2015年3月末に発売されたのですが、売れ行き絶好調の為、月産1000台前後も納期は現時点で7ヶ月待ちとの事。なのでRAが発表されたとしても納車出来るのは来年の後半辺りと言う所でしょうか。

2016tomi0015

コンセプトモデルの市販まで待てない方はベースグレードを購入してから無限パーツへのアップグレードも良いと思います。S660のラインナップは3種類用意されます。

グレードB 車両販売価格1,980,000円

グレードa 車両販売価格2,180,000円

コンセプトエディション 車両販売価格2,380,000円

駆動方式はMR、トランスミッションはCVTとショートストローク6MTの書くグレードで二種類が用意され車両価格は同じ。JC08モード燃費はCVTモデルが21.2km/L、6MTモデルが24.2km/L。タイヤには全グレードにYOKOHAMAのハイグリップSタイヤネオバが装着されています。

2016s660ra006

定員は2名でシートは純正でセミバケットタイプを装着。

2016s660ra007

6MTのインテリアです。ステアリングがDシェイプのホンダでは最小の350mmステアリングが採用されダッシュボードセンターに有る液晶はオプションのinternaviPOCKET連携対応6.1インチセンターディスプレです。

2016s660ra007-001

インストルメントパネルです。センターに外周タコメーター表示とセンターはデジタル式スピードメーター方式を採用。

2016s660ra007-002

MUGEN RA スペック

全長x全幅x全高(mm) 3395x1475x1180
ホイールベース(mm) 2285
定員 2名
エンジン 0.66リッター直列3気筒DOHCターボエンジン(S07A型)
最高出力 64ps/6000回転
最大トルク 10.6kgf.m/2600回転
JC08モード燃費(km/L) 21.2/CVT 24.2/6MT
駆動方式 MR
トランスミッション CVT / 6MT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする