日産 新型 マーチ 丸くてレトロ&モダンなイメージから大幅に変更 2017月4月価格発表

日産の日本の道路事情にピッタリのBセグメントサイズコンパクト5ドアハッチバックモデル「マーチ」が2016年10月1日から16日まで開催されるパリオートサロン発表。2017年4月1日ヨーロッパ向けに販売されるマーチ(MICRA)の価格が発表されます。

公開された新型マーチのフロント&リヤエクステリア。

2016n-10015

NISMOモデルとは異なる「マーチスポーツ」の設定もある。

2016 日産 マーチ スポーツ

2017 マーチ 特長

マーチと言えばオシャレでモダンでレトロな雰囲気を持つデザインの自動車と言う印象が強いのですが今度の5代目となる新型マーチはシャープな顔つきに生まれ変わります。

ボディカラーはエナジーオレンジ。その他10色のボディカラーを設定。

2016 日産 マーチ

リヤ側のエクステリアは「C」型デザインのリヤコンビネーションランプに2列目ドアハンドルはCピラー内蔵型のデザインが取り入れられる。

予想販売価格は1,200,000円-1,500,000円。

2016n-10011

2016n-10016

2016n-10017

ヨーロッパで走行テスト中の「マーチ」(海外でのブランド名は”マイクラ”)。フランスのルノー工場にて生産。

2016n-march-1

リヤフォグが標準装備となるのか、シャープな車格は日本では販売していない「ディーダ」に似ている。

2016n-march-2

2016年4月に発表された日産「ティーダ」。

2016n-tiida-1

2017 マーチ パワートレイン

パワートレインは1.2リッター直列3気筒エンジン(HR12DE型)、最高出力80ps/6000回転、最大トルク11.0kgf.m/4400回転、駆動方式FF、トランスミッションCVTと予想されておりJC08モード燃費25.0km/L。

予想車両サイズ全長3980mm、全幅1695mm、全高1450mm、ホイールベース2750mm。

スペック的には日産が扱うコンパクトカー5ドアハッチバックモデル「ノート」と被る側面はあるものの車両サイズはノートの全長4100mmよりも120mm小さいので取り回しは圧倒的にマーチの方が楽だと思われる。

ヨーロッパ向けに販売されるMICRAのエンジンルーム。インテークパイプやホースそれにバッテリーが所狭しとレイアウトされていて手の入る隙間が意外と少ない。

2017 マーチ エクステリア

確定デザインです。全容は2016年10月開催のパリモーターショーで発表。

2016n-11231

2016n-09244

ボンネットからサイドを通るスタイリッシュなキャラクターラインの下に切れ長レンズのヘッドライトユニットが猛禽類を思わせるデザイン。

フロントグリルにはVモーションデザインを採用。ロアバンパーにはアンダースポイラーの様に見えるエアロバンパーが装着されている。

2016n-10015

Vモーショングリルは意外と小さくコンパクトなエアインテークでスポーティな仕上がり。

2016n-10016

リヤ側はブーメラン型コンビネーションランプにバンパーセンターにはリヤフォグランプが装着されている。ルーフスポイラーも決まっていて、Cピラーがマッドブラック塗装とさり気なくフローティングルーフを採用。

2016n-10017

発表以前の予想情報

カモフラージュを施してテスト走行している次期マーチ。ドアミラーはAピラー取り付けではなくアームタイプとなる。

2016n-march003

テスト最終段階のパッドでカモフラージュする次期マーチ。

2016n-march008

ルーフトップのアンテナは人気のシャークフィンタイプではなくショートタイプのアンテナ。K13型マイクラの面影はアンテナだけとなりそう。

Vモーションと切れ長レンズを採用するブーメラン型ヘッドライトは可愛らしさの欠片も無い。これだけシャープなフロントフェイスを取り入れるなら、姉妹車となるルノーのルーテシア(クリオ)が搭載する1.2リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載し走りもフロントフェイスにマッチしたスペックが似合う。

2016n-march005

最終テスト中の次期マーチのリヤ側のエクステリアは柄模様のテストカーよりもリヤウィンドウの角度が少なくかなり寝かせられているしルーフスポイラーが大きい。

2016n-march0010

絵柄模様カモフラージュモデルのルーフスポイラーは短い。コンビネーションランプやリヤフォグランプの位置は両方同じ。

2016n-march006

全高1450mmにしてはホイールサイズが大きい16インチアルミホイールを装着か。

2016n-march0011

ハイマウントストップランプとリヤフォグランプ標準。基本的にリヤフォグは後続車に迷惑がられるので余り点灯させるシーンは無いと思います。

2016n-march007

2016n-march0012

ニスモマーチ

マーチのニスモチューニング仕様予想写真。次期ノートにもニスモ仕様3ラインナップが追加されるのだがCVT仕様しか設定が無いため、MTのニスモ仕様を希望するならマーチに設定される可能性があるので期待したい。

予想チューニング内容は、減衰力を最適化したショックアブソーバー&スプリングコイル。剛性アップが施される。エクステリアはスプリッタ&サイド及びリヤスカートにニスモレッド塗装が施される。ウィンドウモールとドアミラーカバーはマッドブラック。

2016n-10052

2017 マーチ インテリア

Dシェイプステアリングを採用したスポーティなインテリアデザイン。ダッシュボードセンターにはアップルカープレイを搭載する7インチマルチファンクション液晶を装備。iPhoneを接続しアプリの利用はもちろんsiriによる音声コントロールと検索を可能としている。

2016n-11232

海外のマーチにはオプションとなると思われるヘッドレストサウンド・システム「BOSE PERSONAL」を装備可能。

2016n-11238

海外ではマニュアル・トランスミッション車のグレードが販売されるが、国内ではCVTのみの設定となる可能性が高い。

2016n-11234

2016n-11235

2016n-11236

2016n-11237

2017 マーチ ヨーロパモデルスペック

マーチ 形式 HR09DET K9K BR10DE
全長x全幅x全高(mm) 3999x1743x1455
ホイールベース(mm) 2525
エンジン 0.9リッター直列3気筒ターボ 1.5リッターディーゼル直列4気筒エンジン 1.0リッター直列3気筒エンジン
最高出力 90ps 90ps 73ps
最大トルク 14.3kgf.m 22.5kgf.m 9.7kgf.m
トランスミッション 5MT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 増田良興 より:

    今からは、e-PAWARだ、もっと小型ハイパワーの発電機の開発、L、50Kmも、間近だ。

    • adminkurumajyouhou より:

      まだその情報は無いのですがマーチにもe-POWERモデルリリース予定なのですかね。

  2. 素敵な車好き より:

    epowerは日本以外でも展開するのでしょうか?三菱のPHV搭載の方が世界的には売れそうですね
    そもそも新型マーチは日本で発売しそうにはありませんね…

    • adminkurumajyouhou より:

      北米の排気ガス規制が厳しくなるのでPHVとe-POWERも海外展開(東南アジア向けは微妙)になると思われます。

    • 石田直也 より:

      絶対売れるはずなんだけどねー
      何で売ってくれないんだろ…

      • adminkurumajyouhou より:

        ノートe-POWERがものすごい売上しているので今は競合車出したくないのかもしれないです。