ルノー新型 メガーヌ エステート スポーツツアラーを2016年3月1日発表

フランス自動車メーカーのルノーは2016年3月1日から開催されているジュネーブモーターショーで新型ツーリングワゴン「メガーヌ スポーツツアラー エステート」を発表しました。

日本国内でもワゴンモデルの人気が高まりつつあり、スバルのレヴォーグはちょっと高いけどもう少し安くスタイリッシュなワゴン車を探しているドライバーには朗報です。

現行メガーヌのシュッとした顔つきから少しイカツイ感じのフロントフェイスをしていて、ヘッドライトには流行りの切れ長いLEDイルミネーションランプと角形2灯LEDヘッドライトユニットと、ロアグリル左右には大きなエアーインテーク。

2016ル ノー メガーヌ スポーツツアラー エステート

リヤ側のエクステリア、レクサスRXの様なフローティングルーフとなるのか?リヤコンビネーションランプはリヤゲート中央にあるエンブレムまで伸びる斬新なデザイン。リヤバンパー下にはスキッドプレート風ディフェーザー付きアンダーカバーが取り付けられている。

2016meganu001

公開されているインテリアの写真。運転席は航空機の操縦席をイメージした仕上がり、ノーマルグレードには7インチタッチパネルインフォメーション液晶を装着、エステートGTグレードには「R-LINK 2」タブレットタイプの8.7インチタッチパネル液晶を装着。

2列目シートは簡単に折りたためる工夫がなされているとの事。スタイリッシュで実用性の高いスポーツワゴンなら人気化しそうですよね。

2016runowago0011

パワーユニットは確認できていませんが、ベースモデルのメガーヌラインナップと同じ。2017年に1.5リッターディーゼルエンジン+モーターのハイブリッドモデルも登場する可能性がある。

メガーヌ エンジンラインナップは次の通り。出力はトランスミッションがグレードによって異なります。

  • 1.5&1.6リッター dCi ディーゼルターボ
  • 1.2&1.6リッター TCe ガソリンターボ

日本で販売されるならスポーツツアラーの称号にふさわしい現行モデルの「メガーヌ エステート GT 220」と同じ2.0リッター直列4気筒ターボエンジン、最高出力220ps/5500回転、最大トルク34.7kgf.m/2400回転のパワーユニットを搭載させて欲しい。

2016runowago002

2016runowago003

2016runowago005

2016runowago006

2016runowago008

2016runowago0010

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする