BMW 新型 M760Li xDrive 6.6リッターV型12気筒ツインターボエンジン搭載モデルを発表

BMWはハイスペック高級セダンM7シリーズの「M760Li xDrive」を2016年3月1日より開催されるジュネーブモーターショーにて発表します。6.6リッターV型12気筒ツインターボのMパフォーマンスエンジンを搭載し最高出力は608psを発生するとの事。

2016 BMW M760Li xDrive

エクステリアはMシリーズの様な派手なデコレーションは無く、一見普通に超高級車な雰囲気を持つデザインなのですがその中身は実はサーキット仕様。

フロントグリルはBMWの新デザインU型のLEDイルミネーションランプが採用された4灯ヘッドライトにキドニーグリル、排気量が大きいのでロアグリルはエアイーインテークが大きく口を開きラジエター類が見える。フォグランプなどの余計なパーツは装備されて居ないので実はかなりの軽量化が施されているのでしょうか。

2016bm7-001002

リヤ側のエキステリアも普通に高級セダンにしか見えませんが、さり気なくMパフォーマンスのエンブレムにオールホイールドライブを意味するxDriveのエンブレムが装着されています。

トランクスポイラーも無くリヤバンパー一体型マフラーフィニッシャーと言う素朴なデザインで、スポーツセダンの多くが取り付けているディフェーザー等も無い。

2016bm7-001003

ルーフにはシャークフィンアンテナにCピラーにさりげなく「V12」と言うエンブレムが見えます。車のサイドにもエアーインテークなどの演出も無くMシリーズにしてはラグジュアリーすぎる作りとなっています。

2016bm7-001005

M760Liのパワートレーンは次の通り、6.6リッター(総排気量6592cc)V型12気筒ツインターボDOHCエンジン、最高出力608ps/5500回転、最大トルク81.6kgf.m/1500回転を発生。駆動方式は4WD、トランスミッションは8速AT(BMW’s 8-speed Steptronic)。

最高速度はECU側にリミッター上限設定されており時速250km/hとなる(Mドライバーズパッケージオプション付きはリミッター解除済、最高速度時速310km/hに達する)。加速性能も驚きの0km/h-100km/hまでわずか3.9秒。

2016bm7-001006

スピードメーターには時速330km/hまで表示がある。

2016bm7-001007

インテリアはホワイトカラーリングがメインとなりMシリーズとは思えない程高級感たっぷりです。

2016bm7-001008

シフトノブが変わった形をしていて短目のシーケンシャルシフトノブの様です。

2016bm7-0010010

2列名のシートもすごい高級ですがホールドしてくれるようパケットデザインとなっています。

2016bm7-0010011

Mシリーズだけどゲストメインの高級自動車の様で2列目シートの足元がとても広く運転席と助手席のヘッドレスト下に大型液晶モニターが備え付けられていてアームレストは何やら沢山機器が備え付けられています。

2016bm7-0010012

2016 M760Li xDrive スペック

全長x全幅x全高(mm) 5238x1902x1485
ホイールベース(mm) 3210
定員 4名
エンジン 6.6リッターV型12気筒DOHCツインターボ Mパフォーマンスエンジン
最高出力 608ps/5500回転
最大トルク 8.16kgf.m/1500回転
駆動方式 xDrive (4WD)
トランスミッション 8速AT BMW’s 8-speed Steptronic
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする