GM 新型 キャデラック CT6 最高級アメリカンセダンを2016年4月発表

アメリカの自動車メーカーGMの高級フラッグシップセダン「キャデラック CT6」新型モデルを2016年4月26日発表されました。全長5190mm、全幅1855mmと車格は超大型Fセグメントサイズにも関わらず車重はベースグレードで1659kgと超軽量。

2016 キャデラック CT6

パワートレーンは3.6リッターV型6気筒DOHCエンジン、最高出力340ps/6900回転、最大トルク39.4kgf.m/5300回転、トランスミッションは8速AT、駆動方式は4WD。

燃費は公式カタログ上非公開だがシリンダー休止機構を装備するエンジンで低速走行時余計な燃料を消費せず低燃費が期待できる。

ステアリングタイプは日本向けモデルも左ハンドルのみ、販売価格は9,980,000円。

2016-ct6-002

ホイールベースは3110mmとロングホイールベースで室内はとても広い。全高は1495mmだが横から見ると流行りのCピラーに掛けてルーフが低く2列目シートのルーフトップは低い。

2016-ct6-003

最高級セダンに相応しいアメリカンテイストなエクステリアに、アメ車が好きな方が好む新開発BOSEのサウンドシステム標準装備

BOSE最高峰のPanarayサウンドシステムはCT6車内に効果的に配置された34個のプレミアムスピーカーと、バーチャルサラウンド機能などの革新技術を搭載。音楽ホールにいるような臨場感あふれるサウンドを楽しむ事が出来る。

2016-ct6-0018

リヤ側のエクステリアはアメ車独特の味のある角のあるデザインで、後ろから見ても存在感抜群。トランクスポイラーやガーニッシュ等余計なアイテムがなくとてもシンプル。

2016-ct6-005

ヘッドライトはLEDを採用、猫の目の様な比較的縦に長いレンズでイルミネーションランプがフェンダーにそって縦に伸びている。

2016-ct6-006

縦に延びる独特のイルミネーションランプ。

2016-ct6-008

ドアミラーの下にはリモコンキーを持つオーナーが近づくと点灯するウェルカムランプが取り付けられており、賢い子仕様だ。

2016-ct6-0017

リヤ側のマフラーはデュアルパイプの左右四本出し。リヤコンビネーションランプはダイナミックなデザインだがLEDコンビネーションランプが採用されている。

2016-ct6-007

尾灯を点灯していてもブツブツLEDでは無く綺麗にラインで光っている。ライセンスランプも青白いのでLEDバルブが採用されている事がわかる。

2016-ct6-0020

インテリアもゴージャス感たっぷりでステリングのエアバックが収納されているホーンボタンが強くキャデラックを主張している。シートにはセミアニリンフルレザーシートを標準装備。

2016-ct6-0010

10.2インチ応液晶アップルカープレイ対応のマルチインフォメーションナビ標準。センターコンソールに取り付けられノートパソコンと同じタッチパッドを使って操作する仕組みでアイコンが大きく運転中も操作しやすい設計。

2016-ct6-0011

夜間の運転をアシストする「エンハンスド・ナイトビション」インストルメントパネル標準装備。

2016-ct6-0012

赤外線を放出し、見えにくい歩行者や車両を検知してくれるドライブアシスト機能。

2016-ct6-0021

2列目シートは流石に足元が広く、ゲストに退屈しないよう10インチ液晶ディスプレイを左右に標準装備。

2016-ct6-0013

2列目シートの10インチ液晶にはワイヤレスヘッドフォンが利用できブルーレイを再生したりモバイルデバイスを接続する事が出来、好みのエンターテイメントを楽しめる仕様だ。

2016-ct6-0022

ラゲッジスペースも巨大でゴルフバックなら2個余裕で乗せられそうです。

2016-ct6-0015

2016-ct6-0016

2016 キャデラック CT6 スペック

全長x全幅x全高(mm) 5190x1885x1495
ホイールベース(mm) 3110
定員 5名
エンジン 3.2リッターV型6気筒DOHCエンジン
最高出力 340ps/6900回転
最大トルク 39.4kgf.m/5300回転
JC08モード燃費(km/L) 非公開
駆動方式 4WD
トランスミッション 8速AT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする