アウディ 新型 Q7 大型高級SUV 2016年3月頃に日本発売決定

ドイツの自動車メーカーアウディから大型で高級なSUV「アウディ Q7」の新型モデルが日本でも発売されます。2012年に販売を終了した以前のモデルに比べるとヘッドライトデザインがシャープになり、大きなエアーインテークを持つ6角形型のグリルはボディーカラーと異なる色が採用され、凹凸感のあるフロントフェイスが採用されている。

2016 アウディ Q7

こちらが2012年に販売終了した以前のQ7です。LEDイルミネーションランプがVALENTIが作った様なデザインをしている。このイルミネーションランプが新型ではとてもエレガントなライン型イルミネーションラップが採用されています。

au2016q7001

こちらが2016新型Q7のヘッドライトのイルミネーションランプ点灯時の写真。角形LEDヘッドライトの下をアーチの様にラインイルミネーションとして点灯します。

au2016q7003

リヤのコンビネーションランプもフロントヘッドライトユニットに似たようなデザインをしています。

マフラーフィニッシャーはリヤバンパーアンダースポイラー一体型でその上に横に長いレンズを持つリフレクターが取り付けられている。ラグジュアリーだがリヤトランクゲートにメッキガーニッシュが無いところが嫌味のない存在感があります。

au2016q7005

アンテナデザインが少し変わっていてファークフィンにしては小さいと思いきや、車両サイズが大きいのでシャークフィンアンテナが小さく見えてしまう。

車両サイズは全長5050mm、全幅1970mm、全高1740mm、ホイールベース2990mmとFセグメントとなります。

パワーユニットはガソリンエンジンとディーゼルターボエンジンとプラグインハイブリッドの三種類がヨーロッパでは販売されるのですが日本向けはガソリンエンジンモデルが先行販売されます。ディーゼルとPHVモデルはQ7販売好調なら日本でも限定販売される可能性が濃厚では無いかと予想されます。

ガソリンエンジンのスペックは3.0リッターV型6気筒DOHCスーパーチャージャーエンジン、最高出力333ps/5500回転、最大トルク44.8kgf.m/2900回転を発生し最高速度は時速209km/h。

au2016q7006

インテリアは高級SUVにふさわしいデザインと革張りシートと内張りです。

au2016q7007

インストルメントパネルは完全デジタル化されていて、スピードメーターや回転数や走行距離の他にナビゲーションモニターとしても表示する事が出来る大型液晶を採用。

au2016q70012

運転席周りにはアナログチックなスイッチがあるもののシフトノブ付近にタップ操作する液晶が備え付けされています。

au2016q70013

最先端の技術が注ぎ込まれている印象でシフト周りがとてもシンプル。

au2016q7008

シートは5人乗りが二列シート、7人乗りが3列シートの設定となります。

au2016q70010

Fセグメントなので流石に車内も広い。ファストシートの背もたれからリヤゲートまでの室内の長さはなんと2026mmもある。

au2016q70011

シートレイアウトも多彩。大きな空間を用途に応じて活用できる仕様です。販売価格はアウディUSサイトによると54,800ドルよりとなっているので1ドル120円換算だと6,576,000円となる。日本仕様に変更が必要なのと消費税を考慮すると日本での販売価格は8,000,000円前後となるものと思われます。

au2016q70015

セカンドシートとサードシートを倒してフルフラットにする事も可能。高級SUVですが実用性に長けていてアウトドア向けにも活躍出来そうです。

au2016q70016

2016 アウディ Q7 スペック

全長x全幅x全高(mm) 5050x1970x1740
ホイールベース(mm) 2990
定員 5名 / 7名
エンジン 3.0リッターV型6気筒DOHCスーパーチャージャーエンジン
最高出力 333ps/5500回転
最大トルク 44.8kgf.m/2900回転
駆動方式 quattro(4WD)
トランスミッション 8速AT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする