ホンダ 新型 オデッセイ 2018年モデルをデトロイトモーターショー披露

ホンダのロングセラーミニバン「オデッセイ」の2018年モデルのプロトタイプを2017年1月9日開催のデトロイトモーターショー初披露。次期オデッセイは3.5リッターV型6気筒直噴i-VTECエンジンを搭載し最高出力は280HPを発生にホンダ独自開発の10ATトランスミッションを搭載。

2018 ホンダ オデッセイ

一部公開された2018オデッセイ。よりミニバンの様なエクステリアデザインが採用されスポーツワゴン的なイメージが薄れる。

2018 オデッセイ概要

次期オデッセイは新しいパワートレーン技術の採用と洗礼されたエクステリア・インテリアデザインに加え大人数で乗車する為の優しい設計が施されより安全性を高めたドライブアシストを採用する。

パワーユニットは大排気量3.5リッターV6ガソリンエンジンを搭載と新しく開発中の10速ATを採用。

2018 オデッセイ エクステリア

ソリッドウイングフェースデザインが採用されるもジュエルアイLEDヘッドライトの採用で割りと柔らかいフロントフェイス。

アッパーグリルに重厚感を持たせラグジュアリーなデザイン。

リアエンドのピラーの一部がブラックカラーリングされていてフローティングルーフデザインを採用する。

リヤゲートに取り付けられたメッキガーニッシュがコンビネーションランプに食い込むようにレイアウトされている。

2018 オデッセイ インテリア

黒を基調にしたシックなカラーに仕上げられ運転席と助手席にアームレストが取り付けられている。シフトレバーが見当たらないのだが電子制御式でナビパネルの下にレイアウトされている。

シフト操作は全てボタンで行う。

二列目シートには新しいレイアウトを採用され三列目シートへのウォークスルーを可能としている。

左右に大きくスライドする事ができる。

三列目シートも余裕の広さ。

ラゲッジスペース。3列目シートを収納するとフルフラットスペースとなり車中泊等アウトドアにも活用の幅が広がりそう。

オプションだと思われるのですが掃除機も格納できる様。

オデッセイ おもしろ顔文字クラクションスイッチ

2018年モデルチェンジするオデッセイのステアリングに顔文字クラクションスイッチがレイアウト?。4月1日付け海外メディアに公開されている情報でエイプリルフールジョーク。

ステアリングには7種類の顔文字ボタンがレイアウトされていて、その時のドライバーの気分を表したクラクションを鳴らすことができる。

例えば楽しい時は笑顔の顔文字ボタンを押して楽しい気分のクラクションを慣らしたり、気分を害したときには怒った顔文字ボタンを押して怒ってますよと相手に知らせるクラクションを鳴らす事ができる。

詳しくはホンダ公式YOUTUBEチャンネルの動画をご覧ください。

2016年1月モデルチェンジ情報

若者に根強い人気を誇るホンダの3列シート7人-8人乗りミニバンである新型「オデッセイ ハイブリッド」、当初は2015年度中に発売予定だったものの、開発が遅れているそうで発売は2016年の2月上旬発売決定。ホンダ公式先行公開ページも開設。

http://www.honda.co.jp/ODYSSEY/new/

2016ode001001

2016 ホンダ オデッセイ ハイブリッド

エクステリアは現行モデルから大幅な変更は無く。パワートレーンはアコードはブリッドにも採用されていて好評な「SPORT SHYBRID i-MMD」が搭載されます。

2016hoako001001

低燃費と高出力を実現し、エンジンとモーターの総合出力は3.0リッターV型6気筒エンジンの最大トルク30.2kgf.mに匹敵するとの事。(インスパイア搭載のJ30A型エンジンスペック参照)

od2016003

エンジンは2.0リッターアトキンソンサイクルDOHC i-VTEC エンジンと搭載。エンジンの最高出力は105kW(142ps)、最大トルクは165Nm(16.8kgf.m)。モーターは走行用と発電用の2モーター方式で、走行用モーターの最高出力は124kW(168ps)、最大トルクは307Nm(31.3kgf.m)。駆動方式はFF、トランスミッションはCVT。燃費はクラストップのJC08モード26.0km/Lとなる。

補足エンジンスペックはアコードのものを参考値としています。

od2016002

インテリアですが、課題だったハイブリッドパワーユニットがファストシート(運転席と助手席)の下に搭載する事となるので若干の変更は生じる可能性があるものと思われます。

od2016007

od2016006

od2016005

od2016008

自動ブレーキアシストは「ホンダ センシング」標準設定。

ミリ波レーダーと単眼カメラによる対車両&歩行者との衝突回避及び衝撃軽減自動ブレーキアシストを装備、アシスト機能有効走行速度範囲は時速5km/h-100km/hの範囲。誤発進抑制機能に道路標識識別システムを持つので進入禁止道路を間違えて逆走する事も予防アシストしてくれます。

2016hoako001002

2016 オデッセイ ハイブリッド スペック

全長x全幅x全高(mm) 4830x1820x1695
ホイールベース(mm) 2900
定員 7名-8名
エンジン 2.0リッターアトキンソンサイクルDOHC i-VTEC エンジン 最高出力142ps/6200回転
最大トルク16.8kgf.m/3500-6000回転
モーター 最高出力 169ps 最大トルク 31.3kgf.m
駆動方式 FF
トランスミッション CVT

歴代のオデッセイ

初代は1994年10月20日発売され自動車のロゴは「ODYSSEY」でした。発売当初のオデッセイと言えばアダムスファミリーとコラボーレーションした事でも有名で、競争激化のミニバン市場でもでオデッセイは当時のエクステリアデザイとしてはずば抜けていて発売されてから一気に人気化した大ヒットしたミニバンです。

od20160011

当時はエスティマのエミーナとルシーダが幅を利かせていたミニバン市場ですが余り若者には受け入れがたいデザインだったのですが、ホンダからワゴンの様な1.5BOXタイプのかっこいいミニバンがリリースされ有名だったVTECエンジンを搭載する事も手伝って若者を中心に大ヒット。

od20160012

1999年10月20日フルモデルチェンジの2代目が登場します。よりスポーティーなイメージに仕上がったエクステリアデザインに仕上るも初代ほどインパクトは無い。

od20160013

2003年10月17日に2回目のフルモデルチェンジの3代目が登場。自動車のロゴが「OdyssEy」へと変更。斬新なフロントフェイスで再び若者に絶大な人気となり、2015年今なおこの3代目RB1/RB2型の人気が高い。

od20160015

2008年10月16日に3回目のフルモデルチェンジの4代目が登場。搭載するパワーユニットは先代と同じ2.4リッター直列4気筒DOHCエンジン(K24A型)ですが、フロントマスクデザインが今のエキサイティングHデザインに近づき、どちらかと言うと大人のミニバンの印象が強くなる。

od20160016

2013年9月26日に4回目のフルモデルチェンジとなり5代目である現行モデルが発売されます。エキサイティングHデザインブランド化されたフロントグリル周りのデザインが採用され、ライバルのトヨタアルファードやヴェルファイアを意識したラグジュアリー感を高めたエクステリアとインテリアを持ちます。

od20160017

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする