ルノー 新型 ルーテシア 自動車庫入れ機能ハンズフリーパーキング搭載など2016年10月一部改良

ルノー新型コンパクトハッチバックモデル「ルーテシア」にハンズフリーパーキングと言う自動で車庫入れしてくれるドライブアシスト機能等を搭載した改良モデルが2016年10月発表予定。

エクステリアのデザインは2016年2月一部改良モデルとほぼ同じ。

2016 ルーテシア  主な改良点

ハンズフリーパーキング(標準装備かオプション装備となるのかは確認できていない)

C字型デザインのLEDデイタイムランニングライト

フロントアンダースポイラーデザイン変更

新色ボディカラー「マーズ・レッド / チタン・グレー / アークティック・ホワイト / アイアン・ブルー」の4色追加。

新しい1.2リッターTECガソリンエンジンと1.5リッターdCiディーゼルエンジンのラインナップ搭載モデルの設定。ディーゼルエンジンモデルは日本導入は無いと思われる。

2016 ルノー ルーテシア

ヘッドライトフレームに「LED PURE VISION」と書かれている。LED PURE VISION はローボームの様なハイビームシステムを持つので従来のLEDヘッドランプよりも20%明るく太陽の光4300ケルビン前後の明るさになる。

2016r-clio-013

インテリアは上質な素材への変更とグレード別でBOSEカーオーディオサウンドシステムを装備。ナビゲーションはR-linkシステムにスマートフォン連動の「R&GO」と言う新しいシステムを搭載。

2016r-clio-03

R&GOはスマートフォンにアプリをセットアップし対応ナビゲーションとBluetoothにて接続。4つの大きなメニューをタップしナビゲーションさせたりマルチメディアを再生させたりハンズフリーフォンを利用したりECUから自動車の情報を閲覧する事が出来るサービス。

2016r-clio-05

ルノーハンズフリーパーキングの動画。まっすぐしか駐車出来ないのかと思いきやなんと縦列駐車に対応している。BMWが先に自動パーキングを7シリーズに搭載し発売したのだが7シリーズはまっすぐしか車庫入れ出来ない。

リヤ側のエクステリアも殆ど同じ。リヤゲートにメッキガーニッシュにルーフスポイラー。リヤコンビネーションランプのレンズカラーがリバースレンズのところが赤からクリアレンズへ変更。その他では新デザインのY文字型5本スポークアルミホイールを装着。

2016r-clio-02

2016r-clio-07

2016r-clio-011

2016r-clio-012

2016r-clio-015

2016r-clio-016

2016r-clio-017

2016 ルノー ルーテシア 予想スペック

1.2ガソリン 1.5ディーゼル
全長x全幅x全高(mm) 4095x1750x1445
ホイールベース(mm) 2600
定員 5名
エンジン 1.2リッターTCEガソリンターボ 1.5リッターディーゼルターボ
最高出力 110ps 120ps
駆動方式 FF
トランスミッション 6速AT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする