レクサス 新型 LC500 最高級スポーツクーペの市販モデルを発表

レクサス新型LCシリーズ「LC500h」ハイブリッドモデルが2016年3月1日から12日まで開催されるジュネーブモーターショーに初披露。

日本国内仕様の「レクサスLC」シリーズは2017年3月16日発表、国内発売は4月の予定。スポーツグレードの3.5リッターV6ターボ搭載する「LS F SPORT」の発売も予定されている。

http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/14551923/

2016 レクサス LC500h

トヨタのお膝元愛知県は三河の仮ライセンスプレートを装着し一般道を走行しているレクサスLC。

2016l-10161

2016l-101612

LC500 パワートレーン

LC500hの予想スペックは3.5リッターV型6気筒DOHCエンジン+モーターのハイブリッドシステムを搭載し、エンジンとモーターによるシステム総合最高出力は358ps、最大トルクは64.3kgf.m、JC08モード燃費はスーパースポーツクーペの設定なのですが18.0km/Lと言う1.5リッターエンジン(ハイブリッド無し)クラスの低燃費となる。

20163reku500h-002

LC500 販売価格

グレード 販売価格
500 13,000,000円
500 Lパッケージ 13,000,000円
500 Sパッケージ 14,000,000円
500h 13,500,000円
500h Lパッケージ 13,500,000円
500h Sパッケージ 14,500,000円

エクステリア デザイン

公開されている写真は市販版のエクステリアです。美しいレクサス独特のスピンドルグリルに鋭い目つきのヘッドライトレンズ。さり気なくフロントフェンダーとリヤフェンダーの前に開くエアーダクトがスポーティー感を引き立たせています。

20163reku500h-003

2016l-10151

2016年1月11日より開催されるデトロイトモーターショーにレクサスから謎の新型車が発表されるとの事ですが、確定はしていませんがソアラの後継モデルであるSCの新型「レクサス LC500」の市販車が発表されます。

LC500 確定エクステリア

より美しくなったスピンドルグリルと流れるようなヘッドライトレンズにサイドのキャラクターライン。

この情報はAutoBlog日本語版で伝えています。また日本の自動車雑誌各社も2016年度中に市販される事が決定していると記事を掲載しています。

http://jp.autoblog.com/2015/12/07/lexus-lc-500-detroit-auto-show/

2016sc005

プロトタイプのエクステリア。立体的になったフロントエアロとスピンドルグリルにやや50系プリウスに似ているヘッドライトデザインが採用されていて、ノーズがとても長い。

リヤ側のエクステリアはデュフェーザー付きリヤバンパーに四本出しマフラー、トランクスポイラー付きの様なリヤゲートにリヤコンビネーションランプの左右のエンドがV字に伸びているようなデザインが採用されています。ルーフがテールに掛けて流線型でとても低く、セカンドシートはアウディTTクーペの様な背丈の高い人は乗車しにくい可能性も。

2016sc002

既にニュルブルクリンクでの高速テスト走行も終えているとの事で予想市販価格は1,000万円以上。

2016sc003

このモデルの位置づけとしてはレクサス最上級ラグジュアリースポーツクーペ。設定グレードは二種類、3.5リッターV型6気筒エンジン+モーターの組み合わせハイブリッドモデルの「LC500h」と5.0リッターV型8気筒DOHCエンジンを搭載する「LC500」の二種類。トランスミッションには世界初のアイシン製10速ATが採用されていて、巨大な19インチと20インチサイズのアルミホイールの設定あるとの事。

2016sc008

3.5リッターハイブリッドモデルはV型6気筒DOHC(2GR-FXE型)エンジンベースに改良が加えられ、強力なモーターとの組み合わせによりシステム総合最高出力は476ps前後になる見込み。3.5リッター以上の排気量となると相当なエンジン排気音となるのでスパースポーツカーにもエンジンを切って走れるEVモードがあるのはありがたい。

2016sc0011

リヤフェンダーに大きなエアーインテークがあるのはエアフローを考慮したものだと思いますがアグレッシブで欲にいあってます。

2016sc0013

グラストップモデルもオプションで用意されるのか、ルーフトップがクリアだとコンバーチブル気分を味わえる。

2016sc0012

インテリア

幅の広いセンターコンソールにステアリングに近いシフトレバーと小さいステアリングがウッドパネルを多用したラグジュアリーなインテリア仕上がりだけどアンバランスでインパクトが高い。

インストルメントパネルに見えるセンターレイアウトインフォメーションパネルがスタイリッシュ。

室内はさすがクーペ、リヤシート側の足元が狭い。サイドシルはさり気なくカーボン調素材が採用されている。

ハンドル自動制御付きプリクラッシュセーフティ

LCシリーズには最新のハンドル自動制御機能付き自動ブレーキシステム「PCS」を搭載。

今までの自動ブレーキアシストは「車両への追突、対歩行者衝突、走路逸脱防止、交差点出会い頭衝突」の内容だったものが、新しいプリクラッシュセーフティには衝突をブレーキだけで回避できない場合はハンドル操作をレクサスに搭載するコンピューターが行い衝突を軽減する様に回避するシステムが追加されている。

F SPORT情報

新開発3.5リッターV型6気筒ターボエンジン(V35A-FTS型)と搭載する「F SPORT」グレード。エンジンスペック予想は最高出力420ps 最大トルク58.0kgf.m。

車両サイズ予想 全長5225mm 全幅1900mm 全高1500mm ホイールべース3050mm。

予想販売価格は14,000,000円

2017 レクサス LC F SPORT

レクサス LC500 スペック

500 500h
全長x全幅x全高(mm) 5235x1900x1450
ホイールベース(mm) 3125
定員 4名
エンジン 3.5リッターV型6気筒DOHCツインターボエンジン 3.5リッターV型6気筒DOHC+モーター
最高出力 421ps/5200-6000回転 エンジンシ300ps ステム総合358ps
最大トルク 61.0kgf.m/1600-4800回転 システム総合64.3kgf.m
トランスミッション 10速AT
駆動方式 FR
JC08モード燃費 9.0 18.0
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする