日産 新型 シルフィ セーフティーシールドを装備しマイナーチェンジ

2012年にフルモデルチェンジされたCセグメントに属するサイズを持つ3代目日産4ドアセダン「シルフィ」がマイナーチェンジされます。

こちらが次期エクステリアデザインの新型シルフィです。11月18日から開催されているロサンゼルスモーターショーで発表されました。

2015 日産 シルフィ

次期シルフィの注目点は何と言ってもデザイン性。フロントのエクステリアが現行モデルとは大きく異なり日産がブランド化をすすめるVモーションデザインが採用されました。Vの形をしたシルバーのモールがグリルに装着され丸いNISSANロゴのエンブレムがグリル中央に取り付けられています。ヘッドライトもV字(LEDイルミ)を横にした様なこだわりを持たせた角形2灯式LEDヘッドライトユニットが装着されます。

sirufi2015002

その他の注目点としてはやはり安全面の向上なのですが、既にノートにも採用されている「セーフティーシールド」がグレード別で標準装備される模様。

セーフティーシールドには自動ブレーキシステム「エマージェンシーブレーキ」に車線逸脱防止警告機能「LDW」に誤発進抑制機能が含まれます。

パワートレーンは変更なく現行モデルと同じ1.8リッター直列4気筒DOHCエンジン、最高出力は131ps、最大トルクは17.7kgf.m、CVTトランスミッション、駆動方式はFF。JC08モード燃費は15.6km/L。

sirufi2015005

リヤ側のコンビネーションランプがブーメラン型で斬新。バンパー左右のリフレクターもどことなくスポーティーな印象を持たせつつトランクのガーニッシュがメッキ調なのが高級感を持たせてくれています。

sirufi2015003

フロントとリヤのデザインの違いに少々ギャップを覚えるのですがそれがまた新鮮で良い感じです。

sirufi2015007

sirufi2015008

インテリアですが北米向けセンティアの写真となりますので、日本仕様とまた異なりますのでご了承願います。インテリアも派手さはありませんがモダンでシックな黒を貴重にしたデザインを持たせていて、20代から30代前半は余り好まないが30代後半の落ち着きを求めるドライバーが好みそうな色使いです。

sirufi20150010

運転席にはシックな丸い3本ステアリングは比較的小さい。シフトノブがメッキなのもナイスなポイントでちょっとした高級セダンの気分を味わえる。

sirufi20150011

sirufi20150012

sirufi20150013

sirufi20150015

モデルチェンジ前の現行モデル写真右側と新型を比較した写真です。

現行モデルの方がどちらかと言うとモダンで写真に使われている背景も上品な町並みで撮影されているのに対して、新型は少し30代から40代の忙しいビジネスマンを意識した写真背景が使われていて、シルフィファンの若返りを狙った感があると言う印象を受けます。

sirufi20150077

sirufi20150077-1

2016 シルフィ スペック

全長x全幅x全高(mm) 4615x1770x1500
ホイールベース(mm) 2700
定員 5名
エンジン 1.8リッター直列4気筒DOHCエンジン
最高出力 131ps/6000回転
最大トルク 17.7kgf.m/3600回転
JC08モード燃費(km/L) 15.6
駆動方式 FF
トランスミッション CVT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする