スバル 新型 レヴォーグハイブリッド FB20エンジンベース+モーターで2016年6月頃発売

スバルの人気スポーツワゴン「レヴォーグ」に2.0リッター水平対向4気筒エンジン(FB20型)+モーターのハイブリッドモデルが2016年6月頃に追加されます。

2016sure-0011

こちらはベースモデルのターボエンジンモデルです。

2016 スバル レヴォーグHV

ただ自然吸気エンジンが採用となるとエンジンフードのインタークーラーを冷やす口がなくなるのでエクステリアが若干変わってしまうものと思われます。

少し無理やり感はあるのですが、エアーインテークを無くしたレヴォーグハイブリッドの写真。

2016sure-002

パワートレーンスペックはXVが参考になるものと思われます。

2.0リッター水平対向4気筒DOHCエンジン(FB20型)、最高出力150ps/6000回転、最大トルク20.0kgf.m/4200回転、モーター(MA1型)、モーター最高出力13.6ps、モーター最大トルク6.6kgf.m。駆動方式は4WD、トランスミッションはリニアトロニックと言うCVT式となると思われます。燃費の目安としてはXV目安で車重1510kg、レヴォーグ2.0GTで1560kg+バッテリーとモーター重量が加わるので+100kg前後の重量増加で1660kgとなるとJC08モード燃費は18km/L前後と余り伸びないかもしれませんよね。

2016sure-003

リヤ側のエクステリアは水平対向ターボエンジンモデルと見た目は全く変わりは無く、HYBRIDエンブレム取り付けで差別化が図られるものと思われます。

2016sure-005

レヴォーグのエンジンフードダクト有りと無しでは見た目と雰囲気が大きく異る。

2016sure-006

安全装備はもちろんアイサイトですが、そろそろバージョン4が登場しそうな感じです。

2016sure-007

インテリアは大きく変わらないと思われるのですが、ダッシュボード中央にあるインフォメーションモニター表示はバッテリーの状況とモーターアシスト状況の表示に切り替わるものと思われます。

2016sure-008

シートやステアリングとシフトブーツにブルーステッチが入るのですがハイブリッドモデルであればエコを強調したグリーンステッチが入るかも知れない。

2016sure-0010

シートは2列、定員は5名のスポーツワゴンなのでラゲッジスペースが広い。

2016sure-0012

2列目シートは6:4分割シートです。トランク容量は522リットル。

2016sure-0013

2列目シートを倒すと更に広い。

2016sure-0015

レヴォーグハイブリッド スペック

全長x全幅x全高(mm) 4690x1780x1490
ホイールベース(mm) 2650
定員 5名
エンジン 2.0リッター水平対向4気筒DOHCエンジン(FB20型)
最高出力 150ps/6000回転
最大トルク 20.0kgf.m/4200回転
モーター MA1型
モーター最高出力 13.6ps
モーター最大トルク 6.6kgf.m
JC08モード燃費(km/L) 18.0
駆動方式 4WD
トランスミッション CVT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする