メルセデス ベンツ 新型 AMG E 43 3.0リッターV6ツインターボ搭載モデル2016年9月発売

メルセデス・ベンツの新型4ドアスポーツセダン「AMG E 43」を2016年3月23日より開催するニューヨーク国際オートショーにて発表。

2017 メルセデス・ベンツ AMG E 43

AMGシリーズにしては派手さが無くしっとりとしたモダンなエクステリア。グリルは新しいデザインの「ダイヤモンドグリル」を採用。ヨーロッパでの発売予定は2016年9月。日本発売は未定。

パワートレーンは3.0リッターV型6気筒ツインターボエンジン。

エンジンスペックは2ドアクーペグレードの「AMG C 43」V6ツインターボのパフォーマンスが参考になると思われる。最高出力372ps、最大トルク51.0kgf.m。駆動方式4-MATIC(4WD)、9速ATトランスミッション。燃費はヨーロッパ計測値平均12.8km/L。

走行性能は時速0km/h-100km/h到達時間4.6秒、最高速度は電子制御リミッター上限の時速250km/L。

2016meruae001

アルミホールはAMG専用新デザインのツインスポーク19インチ、ロアグリルは専用デザインのエアーインテークを大きくしたメッシュカバータイプのものが装着。足回りはエアサスペンション標準。

2016meruae0010

写真はベースグレードのEクラス。ベースモデルと比較するとやはりAMGの方がスポーティーでグリルデザインが全く異なります。車両サイズは全長4923mm、全幅1852mm、全高1468mm。

2016meruae0013

リヤ側のエクステリアでは専用クロームメッキエキゾーストフィニッシャー。

2016meruae002

新型Eクラスには最新のヘッドライト技術「ハイディフェンション デジタル ライト システム」が取り入れられているのもセールスポイント。

84個ものLEDチップが3列に並べられ、ドライブアシストカメラに連動しドライバーが夜見たい場所を的確に照らし対向車だけ光が飛ばない仕組みを持つ。

インテリアはインストルメントパネルのメーター類は全て液晶モニターによるデジタル式インフォメーションシステムが取り入れられており、ステアリングはDシェイプにスリーポインテッド・スターのエンブレムが入るスポーティーなタイプ。

2016meruae0011

AMGスポーツグレードだけあってシートはセミバケットタイプ標準。随所にレッドステッチが入るスポーティ且つ高い高級感を持つ。

2016meruae0012

2016meruae003

2016meruae005

2016meruae006

2016meruae007

2016 Eクラス 主要運転アシスト機能

全方位安全監視自動衝突回避アシスト「Radar Safety」。

回避運動等、急なステアリング操作時に自動車のコントロールが失われないようアシストする「Evasive Steering Assist」。

カメラ標識認識機能とナビ情報から走行速度を自動調節する「Speed Limit Pilot」。

車を降りてスマートフォンからメルセデスのアプリを使い車庫入れを自動で行う事が出来る「Remote Parking Pilot」。

ステアリングに取り付けられたセンサーをスワイプ/タップする事でインストルメントパネルに取り付けられているインフォメーションパネル表示情報を切り替えられるシステム搭載。

2016 AMG E 43 予想スペック

全長x全幅x全高(mm) 4923x1852x1468
ホイールベース(mm) 2943
エンジン 3.0リッターV型6気筒DOHCツインターボエンジン
最高出力 372ps
最大トルク 51.0kgf.m
燃費(km/L) 12.8
駆動方式 4-MATIC(4WD)
トランスミッション 9速AT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする