スバル 新型 クロスオーバー7 3列シート7人乗りアイサイト装備SUV 2017年4月頃一部改良

スバルのスポーツワゴンタイプのミニバン「エクシーガ」の派生モデルの3列シート7人乗りSUV「クロスオーバー7」が2017年4月頃一部改良予定

2016 スバル クロスオーバー7

2017年4月 一部改良内容

大きな変更点は無くアイサイトも現行型と同じVer2.0を登載。

ボディカラー「クォーツブルー・パール / ヴェネチアンレッド・パール(オプション塗装)」2色新たに追加。現行の「ダークブルー / プラチナムグレー」ボディカラー廃止。

ホワイトボディにフロントフォグ周りに取り付けられているガーニッシュがオレンジ加飾のものへ変更とサイドにオレンジモールのアクセントが入る「クロスオーバー7特別仕様車」が新たに追加。

クォーツブルー・パールカラー。写真はインプレッサスポーツです。

ヴェネチアンレッド・パールカラー。(有料オプション塗装)

2016年5月 一部改良内容

主な改良点は確認できていませんが同時期に一部改良が発表されるレヴォーグやWRXと同様静粛性アップとルーフトップの素材の変更が予想されます。

車両販売価格は変更は無く2,754,000円。

自動ブレーキアシストの「アイサイト」はVer3.0ではなくVer2.0が標準装備。アドバンスドセーフティパッケージの情報は確認できず。

パワートレーンは2.5リッター水平対向4気筒DOHCエンジン(FB25型)、最高出力173ps/5600回転、最大トルク24.0kgf.m/4100回転、駆動方式4WD、トランスミッションはリニアトロニック(CVT)。JC08モード燃費13.2km/L。

2016kurosuo-ba7-003

エクステリアはミニバンと言うよりもワゴン。若干面白みが無いように思えるグレードだがチューニングパーツもエクシーガのA型からD型のものがSTiパーツで出回っているので車をSTi仕様にドレスアップする楽しみもある。(一部装着不可)

ヘッドライトはLEDではなくHID。フォグの様に点灯しているのはLEDアクセサリーライナーで標準装備。

2016kurosuo-ba7-007

ロードクリアランスは170mm、駆動方式はラフロードそうは能力のある四輪駆動も上位グレードの様な「DCCD(ドライバーズ・コントロール・センターデフ)」デフコントローラーは無し。

2016kurosuo-ba7-005

インテリアがクロスオーバー7へとモデルチェンジした際「タン」カラーの素材が用いられなかなか華々しいデザイン。

2016kurosuo-ba7-002

室内の広さは全長2720、全幅1510、全高1275mm。比較対象となるオデッセイの室内の広さ(全長2935、全幅1625、全高1325mm)と比べると一回り小さい。

2016kurosuo-ba7-006

ワゴンタイプだけど1.5BOXに負けない実用性の高さ。ラゲッジスペースは3列目シートを倒すと奥行き1220mm、幅1080mm、高さ810mmものラゲッジスペースを持ちます。

2016kurosuo-ba7-0011

シートレイアウトも多彩でキャンプなどに便利な車中泊シートレイアウトにする事も可能。キャンプ用品もたくさん積み込む事が出来るしスポーツバイクもフロントタイヤを外せば二台積載可能。

2016kurosuo-ba7-0012

2016kurosuo-ba7-0013

2016kurosuo-ba7-0015

2016kurosuo-ba7-0016

クロスオーバー7(写真左)は基本的にほぼエクシーガー(写真右)、2008年にWRXと同じ2.0リッター水平対向4気筒ターボエンジン(EJ20型)を搭載しデビューも、エコカー優遇の流れで2015年3月販売終了も2010年に新開発のFB型エンジンを搭載させた派生モデル「クロスオーバー7」として販売を継続。実質エクシーガーF型最終モデル。

2016kurosuo-ba7-0010

2016 クロスオーバー7 スペック

全長x全幅x全高(mm) 4780x1800x1670
ホイールベース(mm) 2750
定員 7名
エンジン 2.5リッター水平対向4気筒DOHCエンジン (FB25型)
最高出力 173ps/5600回転
最大トルク 24.0kgf.m/4100回転
JC08モード燃費(km/L) 13.2
駆動方式 4WD
トランスミッション リニアトロニック (CVT)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 伊藤要 より:

    スバルSUVの7人乗りがLAモーターショウで出ていたらしいが
    アイサイト3搭載車なら即買うけど・・・

    情報がいただければうれしいかな

    • adminkurumajyouhou より:

      トライベッカの後継車「VIZIV-7」コンセプトモデルが発表されました。EyeSightは当然バージョン3ですが日本で販売されるかは不明です。
      https://car.kurumagt.com/post-7188.html

      2017年はスバル100年と言うイベントを控えていてマーケティング拡大の為にサプライズを用意していると言う情報の中に、この大型クロスオーバーを国内台数限定販売される可能性も。

      その前にフォレスターが現行D型ですのでF型の登場は無くそろそろフルモデルチェンジ時期です。もしかしたら新しいフォレスターに三列シートの設定があるかもしれないですのでもう少し待たれた方が良いと思います。