スバル 新型 BRZ STI ブレンボブレーキ 大型リヤスポイラー 足回り&エクステリアアップグレードモデル2016年内発売か

スバルはトヨタ86の姉妹であるFRスポーツクーペの「BRZ STI」モデルが噂によると2016年内にも発売される可能性があるとの事でしたがスバル100年を迎える2017年4月以降に延期。

東京オートサロン2017に「BRZ STI Sport CONCEPT」モデルを発表。

http://www.fhi.co.jp/press/news/2016_12_26_3427/

BRZのSTIパフォーマンスコンセプトモデル。

2016s-brz10301

2.0リッターの2シーター(マツダのロードスターRF)と4シータースポーツで悩んでいるならもう少しだけ購入決断は待った方が良いかもしれない。

2016s-brz10302

ヘッドライトにカーボン製パーツとハニカムレンズ、それにプロジェクターベゼルはレッドカラーの上に「SUBARU TECNICA INTERNATIONAL」(略してSTI)の白いロゴが見える。

2016s-11081

リヤコンビネーションランプはスモークレンズにトランクスポイラーはドライカーボン製を採用。

2016s-11082

ソースはありませんがスバルは今年水平対向エンジン誕生50周年記念として特別仕様車を多数リリースを予定。またまもなく発売される「レヴォーグ STi スポーツ」の反響次第によってはエンジンはFA20型の自然吸気方式のままでSTiモデルの売りの一つでもあるブレンボブレーキ&大型リヤスポイラー&レカロセミバケットシート標準装備したエクステリアと足回りを強化したグレードが発売される可能性は考えられる。

2016 スバル BRZ STi

インテリアはベースグレードと同じレッドステッチ入りステアリングにシフトブーツ&レバーだがステアリングとタコメーターに「STi」ロゴが入る。

2016-brzsti0012

ベースグレードはもちろん205psまでパワーアップされるFA20型エンジンを搭載する「BRZ E型」。ヘッドライトユニットはホークアイを囲むように点灯するLEDポジションランプが太くなり、リヤコンビネーションランプもデザインの変更が加わる。

FA20型ターボエンジンを期待したところだが、BRZの開発責任者「乾保氏」はターボは載せないと公言しているので308psモデルの登場は無いし200psで設計されているクラッチ&トランスミッションの設計変更も考えにくい。

BRZ E型 エンジンスペック 水平対向4気筒エンジン 最高出力205ps 最大トルク21.5kgf.m。駆動方式FR トランスミッション6MT/6AT。

予想販売価格、ベースグレードは「S」2,926,800円(6MT)+エクテリアにはリヤスポイラーとSTiセンターキャップ付きアルミホイールとフロントリップスポイラー&フェンダーガーニッシュ。足回りはブレンボブレーキキャリパー。インテリアはレカロ製セミバケットシートを装備し2015年に発売された特別仕様車「BRZ tS」グレードよりも少し安いビルシュタインダンパーとフレキシブルタワーバーオプションで価格3,600,000円前後。

2016-brzsti005

パワートレーンの変更は無いがNBRモデルと同じ赤いアクセントラインが入る等、ファンが喜ぶエクステリアに仕上げて欲しいと期待したい。

2016-brzsti008

大型リヤウィングはドライカーボン製GTウィングだと300,000円もするので、WRX S4と同じ仕様のリヤスポイラー標準。

2016-brzsti003

このタイプのリヤスポイラーなら純正で50,000円前後の価格アップで済む。

2016-brzsti0010

2016-brzsti002

2016-brzsti006

2016-brzsti0011

2016-brzsti007

2016-brzsti0013

2016-brzsti0015

2016 BRZ STi 予想スペック

全長x全幅x全高(mm) 4240x1775x1320
ホイールベース(mm) 2570
定員 4名
エンジン 2.0リッター水平対向4気筒DOHCエンジン (FA20型)
最高出力 205ps
最大トルク 21.5kgf.m
JC08モード燃費(km/L) 12.4(6MT) / 12.8(6速AT)
駆動方式 FR
トランスミッション 6MT / 6速AT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする