シトロエン 新型 C5エアクロス 2017年4月開催の上海モーターショー発表

フランスの自動車メーカーシトロエンは2017年4月19日から中国で開催される上海モーターショーに新型のSUVハイブリッド「C5エアクロス」を発表。

C5エアクロス エクステリア

シトロエンで人気車種のC4カクタス(日本でも期間限定&台数限定販売されている)の可愛らしい感じとは異なり、C5エアクロスはホワイトボディに赤いアクセントが加えられたスポーティ感の高いデザイン。

シトロエンのエンブレム「ダブル・ヘルカルギア」はアッパーグリルよりも上に設けられメッキガーニッシュエンド左右にLEDイルミネーションランプがレイアウトされている。

2017 シトロエン C5エアクロス

C4カクタスから取り入れられているエアバンプのデザインがサイドシルステップリヤコンビネーションランプそれにマフラーフィニッシャー含め随所に見られる。

リヤゲートには大きな「ダブル・ヘルカルギア」オーナメント、リヤバンパー左右にはエア抜きが設けられている。

C5エアクロスの車両サイズはコンセプトモデルと言う事もあり全長4580mm×全幅2100mm×全高1800mmと横に大きく高さもある。余りにも全高が高いとラフロード走行に向いていないので市販車ではもう少し全高は抑えられると予想。

C5エアクロス インテリア

インテリアのデザインはエクステリアとは相反する高級感の高い落ち着いた仕上がり。ステアリングは2スポークのダブルDシェイプで少しF1のコックピットの様。

インストルメントパネルはフルデジタル式が採用され液晶サイズはダッシュボードセンターレイアウトンのマルチインフォメーションディスプレイと同じ12インチ。

しかもこの12インチ液晶はタッチ式でも手のジェスチャーでもコントロールできると言う。

センターコンソールボックスもおしゃれな作りでその先にあるフロアシフトにはスイッチレバー式シフトレバー。その横にはトラクションモード切り替えダイヤルが備え付けられている。

トラクションモード切り替えはOFFモード含めて全部で5種類。

  • OFF
  • オンロード
  • スノー&ウェット
  • ラフロード
  • オフロード

トラクションモード切り替えスイッチの上にはラフロードの下りで自動車の姿勢を制御する「ヒルディセントコントロール」と「SPORT」スイッチ。

助手席側には大きなグローブボックス。

シートとアッパードアトリムにはエアバンプ風のデザインが取り入れられている。また後部座席にもエアコンコントローラーとエアコン送風口が備え付けられており高級感たっぷり。

インサイドドアハンドルも小さいエアバンプ風で随所にさり気なくホワイトステッチもおしゃれ。

C5エアクロス 予想スペック

全長x全幅x全高(mm) 4580×2100×1800(mm)
定員 5名
エンジン 1.6リッターターボエンジン
エンジン最高出力 221ps
モーター最高出力 96ps
駆動方式 FF / 4WD
トランスミッション 6速AT (EAT6)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする