マツダ 新型 CX-8 3列シート6/7人乗り大型SUVを2017年末発売へ

マツダは公式ブログ上で2017年末頃に3列シート6/7人乗り全長4900mmもある大型SUV「CX-8」(販売価格320万円~330万円)を発売すると発表。詳しい情報確認次第更新致します。

http://blog.mazda.com/archive/20170428_01.html

マツダCXシリーズ車両サイズ比較

車幅とパワートレインは同じなのでまさかのCX-5派生車。

マツダのSUV「CXシリーズ」車両サイズ比較。CX-9と近い全長ですが車幅が小さい。

CX-8の全長4900mmはクラウンマジェスタと同じ長さ車幅と全高があるのでものすごく大きく見えると思われる。

グレード 全長x全幅z全高
CX-4(中国市場向けモデル) 4633 x 1840 x 1535(mm)
CX-5 4545 x 1840 x 1690(mm)
CX-6(年内発売予定) 4690 x 1840 x 1695(mm)
CX-8 4900 x 1840 x 1730(mm)
CX-9(北米向けモデル) 5065 x 1930 x 1728(mm)

パワートレイン

パワートレインは2.2リッターSKYACTIV-Dクリーンディーゼルターボエンジン トランスミッションは6速AT。

燃費予想はCX-5の2.2リッターディーゼルターボモデルが14.6km/L~18.0km/Lなので、重量増加分燃費は低下します。

駆動方式はFFまたは4WDの設定がラインナップ予想される。

エクステリアデザイン

CX-8と思われる写真。Aピラーの角度が起き上がっておりフロントとリヤ側のオーバーハンクが短い。

2017 マツダ CX-8

写真はCX-5。Aピラーの角度が異なるりフロントオーバーハンクは上の写真と比較すると長い事がわかります。

ソーシャルネットワーク上にて掲載されているカモフラージュされたマツダのテストカー。リヤコンビネーションランプしかはっきりと分からないですがほぼCXシリーズ同じでマツダデザインテーマ「魂動 Soul of Motion」となる。

リヤ側のオーバーハンクが少し長いかもしれない。

CX-5/8/9 リヤ側比較写真

写真上からCX-9/8/5を並べた比較写真。リヤ側のデザインですがCX-5と8は余り大きな違いは無い、リヤゲートにメッキガーニッシュ有無の違いと少しリヤコンビネーションランプのデザインが異なる。

インテリア

掲載されていたCX-8の写真を明るく加工しました。2列/3列シートの足元スペースは余裕があり、シート素材は合皮か本皮かは不明だが全体的に高級感高い。2列シートのセンターアームレストにドリンクホルダーが取り付けられている。

CX-8 予想スペック

全長x全幅x全高(mm) 4900×1840×1730mm
ホイールベース(mm) 2930mm
定員 6名 / 7名
エンジン 2.2リッター直列4気筒ディーゼルターボ (SH-VPTS型)
最高出力 175ps/4500回転
最大トルク 42.8kgf.m/2000回転
駆動方式 FF / 4WD
トランスミッション 6速AT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする