日産 新型 GT-R 35型最終モデルは更にハンドリング性能が良くなり2017年に登場

日産の2ドアスポーツクーペ「GT-R」の最終型は2016年7月27日発売。次期最終型は恐らくR34型と同じようにスカイラインとしてでは無いGT-Rとしてまたガソリンエンジンモデルとしてプレミアムモデルとなると思われます。

2016n-gtr35-1

主な変更点はフロントアッパーグリルのエアインテーク形状が前期型と同じデザインでVモーションデザインが取り入れグリルカバーにはマットクローム仕上げのメッシュタイプでよりレーシーな顔つきに。

フロントスポイラーは大きなダウンフォースを得られるよう新しく設計されたのもに変更。

サイドのデザインはそのままに空気の流れを改善する為に、サイドシルカバー(サイドステップ)フロント側の張り出しを大きく変更。

エアフロー、大きなダウンフォース、冷却性能を向上させたデザインへと変更されている。

2016 日産 GT-R

2017 R35最終モデル 販売価格

ピュア 9,960,840円
ブラックエディション 11,869,200円 チタンマフラー BOSEカーオーディオ付き
プレミアム 11,705,040円 チタンマフラー付き
NISMO仕様 8月頃に価格発表

リヤ側のエクステリアはスカイラインのトレードマークを引く次ぐ丸いリング型リヤコンビネーションランプはそのままに、新しいデザインのディフェーザー付きリヤスカートに新形状サイドアウトレットを採用しエアの流れを改善。

マフラーは新設計のチタン合金製マフラー(電子制御バルブ付)フィニッシャーを装着。

写真のボディカラーは新色「アルティメイトシャイニーオレンジ」。

2016-6-n-gtr-6

インテリアも大きく変更。一番大きな変更点はパドルシフトが追随式から固定式へと変更されシフト操作感も確実性がアップするように設計変更されており、マニュアルモードでも狙った回転数でシフトチェンジを確実に行えるように。

インストルメントパネルはレザー(ステッチ入り)が採用され、カーボン製センターコンソールの上に7インチから8インチに拡大されたマルチファンクションモニタを操作するITコマンドコントローラを配置。

写真のインテリアは「GT-R プレミアム・エディション」タンカラー。現行のアーバンレッドとアイボリーに加え、このタンカラーとアーバンブラックの2色が追加される。

2016-6-n-gtr-7

年配のドライバーに不評だったスポーツシートも座り心地大幅に改善。

2016-6-n-gtr-20

エクステリアとインテリアの大幅な変更に加えパワートレーンも大幅に変更が加わる。

手組エンジンのV型6気筒エンジンVR38DETTは気筒別点火時期制御が採用され現行モデルの550ps/6400回転から最高出力は572psに引き上げれる。

2016-6-n-gtr-15

2016-6-n-gtr-2

2016-6-n-gtr-5

ヘッドライトユニットはプロジェクター式ですが新しいLEDバルブが採用されるとの事。

2016-6-n-gtr-8

リヤスポイラーもデザインは現行モデルと同じ

2016-6-n-gtr-10

572psにもパワーアップされるとなるとECUとトラクションコントローラー含めて全て見直しされ、エンジンとブレーキ周りの大幅な熱対策も万全。

2016-6-n-gtr-11

純正ダンパーの減衰力の最適化と剛性アップが施され、より安定度の高いハンドリング性能を持ちさらにアクティブ・サウンド・コントロールを装備した完璧なスポーツカーとなりる。

2016-6-n-gtr-12

インテリアはもちろん日本車らしい丁寧な作りとラグジュアリーを演出。スポーツカーとして申し分ないのですが後は車両サイズが全長4670mmと全幅1895mmと大きいのとクーペ特有の視界の狭さもあるのでアラウンドビューモニターも欲しい所でしょうか。

2017nisar-0011

2016-6-n-gtr-16

2016-6-n-gtr-17

2016-6-n-gtr-18

R35型は2020年頃までに販売終了となりR36型の登場となります。

現在開発中のR36型はハイブリッドシステムの搭載となり、パワーにユットはVR38DETT型エンジンベースのダウンサイジングターボエンジンが搭載される予定。

2016-6-n-gtr-13

2017 最終型 GT-R スペック

全長x全幅x全高(mm) 4670x1895x1370
ホイールベース(mm) 2780
定員 4名
エンジン 3.8リッターV型6気筒DOHCターボエンジン(VR38DETT型)
最高出力 572ps/6800回転
最大トルク 64.4kgf.m
JC08モード燃費(km/L) 8.7
駆動方式 4WD
トランスミッション GR6型デュアルクラッチトランスミッション
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする