日産 新型 エルグランド 次期モデルにe-POWER登載 発売は2019年春頃

日産フラッグシップ高級ミニバン「エルグランド」が2019年春頃フルモデルチェンジ。次期モデルには2.5リッタースーパーチャージャーエンジンを登載したハイブリッドモデルと、発電専用2.0リッター直列4気筒エンジンを登載した最高出力200ps 最大トルク35.0kgf.mを発生する強力なモーター駆動e-POWERのラインナップが登場。

2019 日産 エルグランド

2019エルグランドパワートレイン

新開発軽量化と剛性アップが図られたプラットフォームに最高出力200psを発生する強力なモーターを採用するe-POWERシステムを組み合わせにより、ミニバンでもスポーツカー並に走りを楽しめる仕上がりに。発電専用2.0L直4エンジンの燃費予想は25.0km/L前後。

トランスミッションを持たず軽量小型バッテリー採用の為、車両重量はかなり軽いと予想される。軽くて強力な加速パフォーマンスを持つので見た目以上に軽快な走りを楽しめると思われる。

従来のEV&ハイブリッドとe-POWERシステムの違いは必要最小限の軽量バッテリーを搭載し必要に応じてエンジンが発電する仕組み。

もう一つは中国向けに発売されているムラーノと同じ2.5リッター直列4気筒スーパーチャージャーエンジン(QR25DER型)と駆動と発電兼用モーターを組み合わせたハイブリッド方式。

ムラーノに登載されている2.5Lスーパーチャージャーエンジンスペックは次の通り。

  • 最高出力 254ps
  • 最大トルク 33.6kgf.m
  • モーター最高出力 20ps

駆動方式はe-POWERもハイブリッドモデルもFF&4WDのラインナップ。

2019エクステリア&インテリア

エクステリアデザインはVモーションフロントフェイス。ラグジュアリーなメッキルーバーカバーフロントグリルデザインと綺麗に点灯するLEDヘッド・ライトにイルミネーションランプ。

予想デザインはムラーノに似たヘッド・ライトデザイン。

写真は52系カスタムモデル。エルグランドの特長である大きなルーバーカバーのグリルデザインは継承。

インテリアも次期モデルでは上質感たっぷりの仕上がりに。

ライバルのトヨタアルファードとヴェルファイアに負けない豪華な2列目シート。

リクリエーションにもピッタリの多彩なシートレイアウトとウォークスルーに手を離してもいいプロパイロット(自動運転)を期待したい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 774RR より:

    2019年だと遅い気がします。
    せめて2018夏にださないと今の52系はもう体力がありませんから…
    デイズのようなフェイスリフトがあるわけでもないですし。

    • adminkurumajyouhou より:

      はい、私もちょっと遅いような感じですが次にセレナのe-POWERが控えているのでそれと競合しないようにしているのでしょうか。

  2. 774RR より:

    現在e52系を生産している日産車体九州はほぼ24時間厳密には22時間程度ライン稼働している状況です。
    これからもe26キャラバン、インフィニティqx80のビッグマイナー立ち上げもあり当分は続くような状況
    同工場で生産する可能性が高いので確かに2019年になってもおかしくはなさそうですね

    • adminkurumajyouhou より:

      生産能力の影響は高いかもしれないですよね。情報ありがとうございます。