新車の洗い方 注意点とアドバイス

納車してから楽しくドライブしたりオフ会したりと新車もそろそろ汚れてきたので洗いたいなとお考えのオーナーは念の為この記事に目を通してから車を洗って頂ければ幸いです。

洗車機は使わないほうがいい

ガソリンスタンドにはワンコイン洗車機(500円~700円前後と安い)など新しい機械が導入されているお店が増えており車を洗車機で洗っているオーナーを比較的多く見ますがそれにつられて洗車機通しても大丈夫だと思わない方が良いと思います。

現代の洗車機は比較的「傷」がつきにくいと言いますが、頻繁に洗車機を使用すると塗装が剥がれてきます

なぜ塗装が剥がれてくるのかと言うとくるくる回る大きな洗車ブラシ(ホコリや砂も付着している)はボディを叩くように回転するので結果的に少しずつ塗装が剥がれてしまいます。

洗車機を通していて最近塗装の色が薄いなと感じたら塗装が剥がれている証拠で近いうちに地が出てきて銀色に輝き出します。

2016wo-12069

2016wo-120610

コーティング車

ボディコーティング(車を買う時にボディコーティングをサービスで施行してくれるディーラーが増えています。)している車は次の機器や洗車グッズは使わない

  • 高圧洗浄機。コーティングが剥がれる恐れがある為。
  • ワックス
  • キズ消しコンパウンド

コーティング車は基本的に水洗いのみですが、汚れがひどい場合は中性洗剤を水で薄めたものかコーティング車用のシャンプー(シュアラスターが評判がいい)。

雨ジミや雨スジが消えない場合はコーティング車専用メンテナンスキットが付属しているはずなので専用メンテナンスキットを使ってクリーニングします。

コーティング車にはこのようなメンテナンスキットが付属している。

2016wo-12065

中には専用のクリーナーとクロスが入っている。これで水洗いでも落ちない汚れをクリーニングする。

2016wo-12067

必要な洗車グッズ

コーティング車は基本的に水洗いのみ。その他の車は市販のワックス入りシャンプーもしくは中性洗剤水で薄めて使います

  • 洗車用バケツ
  • カーシャンプーまたは中性洗剤
  • マイクロファイバー クロス (洗車&拭き取り)
  • 柔らかい汚れてもいいタオル(ホイールを洗う時に使う)
  • ミニバンはルーフが高いので脚立か台があれば便利

その他コーティングしていない車はワックスもしくは手軽なコーティング剤(拭き取り用タオルそれぞれ必要)何れかを用意しておくといいと思います。

補足、ワックスは拭き残しがあると後日拭き取りできなくなりワックス跡が残る恐れがあるので拭き取りは念入りに行なって下さい。

洗車用クロスはホームセンターでも入手可能

2016wo-12066

シュアラスターです。ワックスインシャンプーですがコーティング車にも使える。

2016wo-12062

使い方はキャップ10杯を3Lの水で薄めて使います。バケツで薄めるのですが水を入れるときいきよいよく入れて泡立て洗車します。

2016wo-12063

洗車手順

洗車する順番はまず十二分に自動車に水をかけてホコリや砂を流す

用意したバケツにカーシャンプーもしくは中性洗剤を適量入れてお水をいきよいよくバケツに入れて泡立てます。ある程度薄まったら用意したクロスを泡立てたシャンプーのバケツに入れます。

よく泡立てるのがポイント。

2016wo-12064

クロスで洗うのですが力を入れてゴシゴシ力を入れて洗わないです。なでるような感じで洗って頂くと細かいキズが入ることを防止できます。

  1. 洗い始めはルーフトップから洗います
  2. ウィンドウ
  3. ボンネット
  4. フェンダー周り
  5. リヤ周り
  6. ドア周り(サイド)
  7. 最後に全体的にシャンプー類を水で洗い流してしまいます

洗い終わったらすぐに水を拭き取って下さい。シュアラスターのゼロウォーターは水に濡れたままコーティングしてから水を拭き取る手順。

コーティングしている自動車はこれで完了です。コーティングしていない自動車でゼロウォーター使わないオーナーはワックスを塗ってしばらくしてから拭き取り作業を行います。

ホイールの洗い方

新車に装着しているホイールは歯ブラシとか使っては駄目です。柔らかいタオルと中性洗剤と大量の水を使って洗います。

2016wo-12068

ホイールはブレーキから出る鉄粉が焼き付かないように(取れなくなる)2週間に一回の目安で洗うと良いでしょう。

ホイールを洗ったら最後の仕上げにタイヤワックス(サイドウォールだけ塗る)を塗っておくのも良いと思います。黒くピカピカしてスタイリッシュな足元に仕上がります。

2016wo-12061

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする