トヨタ 新型 カローラ HYBRID G“50 Limited 生誕50年記念特別仕様車 2016年7月11日発売

トヨタはカローラ誕生50週年記念として4ドアセダンモデルのカローラアクシオ「HYBRID G“50 Limited」(ゴーマル リミテッド)特別仕様車を発売しました。

2016 トヨタ カローラ HYBRID G“50 Limited

カローラ HYBRID G“50 Limited 主な特徴は初代カローラのインテリアに採用されていたレッドカラーを忠実にイメージして仕上げられている。

その他フロントグリルをドットパターンデザインを採用し、1灯式ハイビーム/ロービーム機能を持つ「Bi-Beam LED」ヘッドランプ、ブラックエディションリヤLEDコンビネーションランプ、特別仕様専用の16インチアルミホイール(センターキャップオーナメント付き)&185/55R16タイヤ、50週年記念専用エンブレム標準装備。

特別仕様車の販売台数は500台限定、販売価格 2,400,000円。

2016t-corolla50-7

ボディカラーは「ブラックマイカ / ホワイトパールクリスタルシャイン」の2種類。

ブラックマイカ。

2016t-corolla50-13

ホワイトパールクリスタルシャイン。

2016t-corolla50-15

ベースグレードのカローラアクシオと特別仕様車は可成り大きな違いが見られる。特に内装が赤くリヤコンビネーションランプがスモークエディションと言う少し黒っぽくワイルドな印象を持つ。

2016t-corolla50-12

2016t-corolla50-11

ベースグレードは「カローラ アクシオ HYBRID G」(セーフティ センス C 標準装備)、販売価格は2,207,127円で特別仕様車との差額は192,873円。

オプションにも設定されていない16インチアルミホイール(参考価格15インチアルミホイールオプション価格48,600円)に、通常オプションの73,440円もする「Bi-Beam LED」ヘッドライトユニット、専用デザインのインテリアを考慮すると比較的お買い得感高い。

ベースグレード エクステリア&インテリア。

2016t-corolla50-16

特別仕様車のエクステリア&インテリア。

2016t-corolla50-18

1996年に誕生した往年の名車「初代 カローラ」。カローラーアクシオのキーンルックを採用したデザインと比較すると全くの別物。しかしインテリアは工夫がなされていて初代カローラを彷彿させている。

1966 トヨタ 初代 カローラ

2016t-corolla50-6

初代カローラのインテリア。朱色ともなんとも言えない微妙なレッドカラー仕上げ。

1966 初代 カローラ インテリア

1966年台の自動車なのだがインテリアは至ってシンプルもラグジュアリー感は高い。

2016t-corolla50-2

カローラ HYBRID G“50 Limited インテリア。

ダッシュボード&ドアアッパートリム&センターコンソールボックス&スポーツシートは専用レッドカラー合皮巻き。

ステアリングはレッドステッチ入、本革巻き3本スポークステアリング。

2016t-corolla50-10

シフトハウジング&サイドレジスター・ベゼル&センターコンソールサイド&インサイドドアハンドル・ベゼル&パワーウィンドウスイッチベースをピアノブラック加飾。

2016t-corolla50-8

カローラ HYBRID G“50 Limited スペック

全長x全幅x全高(mm) 4400×1695×1460mm
ホイールベース(mm) 2600
定員 5名
エンジン 1.5リッター直列4気筒DOHC (1NZ-FXE型)
最高出力 74ps/4800回転
最大トルク 11.3kgf.m/3600-4400回転
モーター 1LM型
モーター最高出力 61ps
モーター最大トルク 17.2kgf.m
JC08モード燃費(km/L) 33.8
駆動方式 FF
トランスミッション 電気式無段変速機
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする