トヨタ 新型 ピクシスジョイ おしゃれ・スポーツ・あそぶ3つのスタイルの軽自動車を2016年8月31日発売

トヨタから若者をターゲットにした軽自動車「ピクシスジョイ」を2016年8月31日発売。販売店は全国のカローラ店及びネッツ店、軽自動車の要望が高い地域のトヨタ店とトヨペット店。

http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/13331825/

3つのラインナップのピクシス ジョイ。左からSUVスタイル、真ん中はおしゃれなアーバンスタイル、右がスポーツスタイル。

2016 トヨタ ピクシスジョイ

概要

子会社ダイハツが取り扱う「キャスト」をトヨタがOEM提供を受け販売する軽自動車です。エクステリアもインテリアもデザインはほぼ同じ仕様で販売価格帯もほぼ同じ設定。

エンジンは0.66リッター直列3気筒DOHCエンジンと同ターボエンジンの2種類のラインナップがあり、スポーツグレードのみターボエンジンのみの設定となる。

駆動方式はFF/4WD駆動方式の設定、トランスミッションはCVTのみとなる。

ピクシスジョイシリーズ2WDグレードの価格表。SAⅡ表記のグレードには自動ブレーキアシストのスマートアシスト2標準装備

2016t-09012

3つのラインナップでそれぞれ専用のフロントグリルデザインとなる。

SUVスタイルの「ピクシス ジョイC」。

2016t-09015

アーバンスタイルの「ピクシス ジョイF」。

2016t-09016

ターボエンジンの設定しか無いスポーツモデルの「ピクシス ジョイS」。

2016t-09017

ピクシスジョイC エクステリア&インテリア

SUVスタイルでラフロードを走っても傷がつきにくいフェンダーアーチモールやサイドエアバンプ風モールが取り付けられているのが特徴で、ロードクリアランスは180mm設定されており全高が1630mmもあり軽自動車ながら抜群の存在感を持つ。

トヨタ ピクシス ジョイC

このグレードの4WD駆動方式のみDACダウンヒルアシストコントロールを装備、ラフロードの下り道で滑りやすいシーンでも安全運転を自動アシスト。

2016t-09019

SUVモデルらしくワクワク感あふれるインテリアの仕上がり。インパネシフトは全グレード共通で運転席側と助手席側をスルーする事が出来る仕様。

2016t-09013

2016t-09014

ピクシス ジョイF 主な特徴

グリルトリムにバンパーそれにサイドシルやトランクガーニッシュにメッキ加飾が施されたラグジュアリーでおしゃれなアーバンスタイルな仕上がりのモデル。

トヨタ ピクシ スジョイF

2016t-090111

2016t-090112

モダンで落ち着いた清潔感の高いインテリアデザインでエアコンセンターレジスターフレームメッキ加飾。

2016t-090115

2016t-090114

2016t-090113

ピクシスジョイS 主な特徴

ドアミラーにCピラーがボディカラーと異なる赤いアクセントが入り(シャイニングレッドカラーはブラック)、フロント&リヤスカート及びサイドシルに赤いラインが入るスタイリッシュなデザイン。

スポーツ走行を楽しむことを目的としているので最高出力64psターボエンジンのみの設定で、専用チューニングのスポーツダンパーキットを装着。

トヨタ ピクシス ジョイS

2016t-090118

インテリアはレザー調ブラックカラーでレッドステッチ入。運転席&助手席ヒーター標準装備。

2016t-090117

2016t-090116

スペック

車両サイズ&定員 SUV ピクシス ジョイC アーバン/スポーツ ピクシス ジョイF&S
全長x全幅x全高(mm) 3395x1475x1630(mm) 3395x1475x1600(mm)
ホイールベース 2455mm
ロードクリアランス 180mm 150mm
定員 4名

KF型エンジン性能&燃費 0.66Lエンジン 0.66Lターボエンジン
最高出力 52ps/6800回転 64ps/6400回転
最大トルク 6.1kgf.m/5200回転 9.4kgf.m/3200回転
駆動方式 FF 4WD FF 4WD
燃費(km/L) 30.0 26.8 27.0 25.0
トランスミッション CVT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする