テスラモーターズ 新型 モデルX スーパーカー並の加速パフォーマンスを持つ電気自動車SUV

アメリカEV自動車メーカーのテスラモーターズの3列シート7人乗りSUV「モデルX」が2016年9月12日より日本で予約販売を開始。

パワーユニットはモーターのみで時速0-100km/hタイムはなんと3.1秒(P100Dグレード)と言うあのアウディのスーパーカーR8と同じ加速パフォーマンスを持つ。

2016 テスラモーターズ モデルX

概要

モデルXはフロント236psリヤ510psと言う強力なモーターのみで駆動(AWD駆動方式)する完全な電気自動車でアクセサリー電源なども車両に搭載されるバッテリーから電源を供給。

2016t-2016091519

強力なパワーを支える足はなめらかな乗り心地としなやかな走りを両立するエアサスペンションを採用し、5つの設定の中から好みのロードクリアランスの高さへ変更可能。調節可能な高さは137mm~211mm。

2016t-201609152

シートレイアウトは3列シート定員は7名で2列目のドアはファルコンウィング(障害物検知センサー搭載)を採用。2列目と3列目シートへの乗り降りもスムーズに行える仕様。

車両サイズは大きくEセグメントサイズで全長5037mm 全幅2070mm 全高1680mm ホイールベース2965mm。ロードクリアランスは186mmと一般的なSUVと比較すると14mm低い。

2016t-201609153

ロングホイールベースで室内は広々、大人7名の乗車を可能とし3列目シートを倒しこめば広いラゲッジスペースとなる。

2016t-201609154

グレード別 航続距離

モデルXにはバッテリー容量が異なる5つのグレードを用意。販売価格は一番航続距離の少ない60Dグレードが8,950,000円から最上位グレードP100Dが16,112,000円。

航続距離は一回のフル充電で走行可能とする距離。

航続距離 トップスピード(時速)
60D 335km 210km/h
75D 417km
90D 489km 250km/h
P90D 489km
P100D 542km

エクステリア

全長5mもある大きな車格とは思わせないスタイリッシュな感じで空気抵抗係数Cd値は0.24と空気抵抗を少なくしたデザインで80年台に登場したスカイランRSを思わせるフロントフェイス

2016t-201609156

サイドもスタイリッシュでさり気なくフェンダーアーチモールが取り付けられている。

2016t-201609157

ホイールの隙間から見える赤く塗装されたブレーキキャリパーは「Tesla」ロゴ入り。

2016t-2016091510

リヤ側は見る角度によっては飛び出たフェンダーがとてもスタイリッシュに見える。

2016t-201609158

ボディカラーがブラックでホイールがシルバーだとリヤビューは少しずんぐりむっくりした様に見える。

2016t-201609159

近くで見るとリヤフェンダーが大きく飛び出すデザインを採用しているのがわかる。

2016t-2016091512

ダウンフォースを得るためのリヤスポイラーは可動式。

2016t-2016091511

インテリア

車幅が2070mmもあるので室内は広い。注目点はシートがバケットタイプになっているのとしっかりとしたヘッドレストが全てのシートに取り付けられている点です。これは猛烈な加速による頭部と首を保護する為だと思われる。

2016t-2016091513

加速によって体がシートからずれないようにホールドするようなシート形状をしている。

2016t-2016091514

1~3列目まで足元を写した写真。意外と足元には余裕がある。

2016t-2016091515

3列目シート。ルーフトップには余裕がありクーペの様に頭がルーフに当たると言う事はなさそう。センターには嬉しいカップホルダー付き。

2016t-2016091518

運転席はダッシュボードセンターにタブレット端末のような大型液晶17インチマルチファンクションモニターをレイアウト。インストルメントパネルもフルデジタル。

2016t-2016091517

2016t-2016091516

モデルX スペック

全長x全幅x全高(mm) 5037×2070×1680mm
ホイールベース(mm) 2950
定員 7名
エンジン
フロント駆動モーター最高出力 236ps
リヤ駆動モーター最高出力 510ps
駆動方式 AWD
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする