BMW 新型 MINIクロスオーバーPHV EV走行できる低燃費モデルを2017年発売予定

BMWの女性に人気モデルでもあるコンパクトカーブランドMINIシリーズにプラグインハイブリッドシステムを搭載する「MINIクロスオーバーPHV」(MINIカントリーマンPHV)モデルを2017年発売を予定

ハイブリッドシステム予想は1.5リッター直列3気筒ターボエンジン+モーターのモーターアシスト走行に加え、モーターだけで静かに走れるEVモードを搭載しモーターの最高時速125km/h

2016bmi-10173

2016bmi-10174

パワートレーン

ハイブリッドシステムに搭載されるエンジンは1.5リッター直列3気筒ターボエンジン+駆動&アシスト用モーター構成と予想されています。駆動方式はFFで駆動用バッテリーは2列めシート以降にレイアウト。

1.5リッター直列3気筒ターボエンジンスペック 最高出力136ps 最大トルク22.4kgf.m BMW1シリーズの118iと同じエンジンの可能性も。駆動用モーターのスペックは不明。

プロペラシャフトに見える場所はバッテリーへの配線が通してある。

2016bmi-101711

エクステリア

現行クロスオーバーモデルよりもアグレッシブなフロントフェイスに仕上がる。SUVと言うよりもアッパーグリルに取り付けられているフォグランプはまるでラリー仕様。女性が好むかは不明だが男性には人気が出そうなスタイリッシュなデザイン。

ロアグリルも大きく横に長くインテークが設けられている。

2017 BMW MINIハイブリッド

車格は現行モデルと大幅に変更は無いと見られる為、全長4105mm 全幅1790mm 全高1550mm Bセグメントサイズに収まると思われます。

公道テスト走行車両にはアッパーグリルにはフォグライトは無くこちらの方がかわいいアーバンSUVらしく見える。

2016bmi-10172

リヤ側のエクステリアも現行もでると(リヤコンビネーションランプ&ルーフスポイラーデザイン)ほぼ変わらず。PHVなのでマフラーフィニッシャーが隠れるデザインが採用される可能性も。

2016bmi-101710

2016bmi-10175

2016bmi-10176

2016bmi-10177

2016bmi-10178

2016bmi-10179

インテリア

写真は現行クロスオーバーの写真ですが、PHVモデルならブルーステッチが施されECOをアピールする仕上がりになる可能性も。その他モーター駆動用バッテリーを2列めシート以降に搭載するのでラゲッジスペースはガソリンエンジンモデルよりもトップスペースが低くなる可能性も。

2016bmi-101713

2016bmi-101714

2016bmi-101715

2016bmi-101716

2016bmi-101717

2016bmi-101718

MINIハイブリッド 予想スペック

全長x全幅x全高(mm) 4105×1790×1550(mm)
ホイールベース(mm) 2595
定員 5名
エンジン 1.5リッター直列3気筒ターボエンジン+モーター
最高出力 136ps
最大トルク 22.4kgf.m
駆動方式 FF
トランスミッション AT

関連リンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする