トヨタ 新型 プリウスG TNGAサーキット仕様をSEMAショー発表

2016年11月ラスベガスにて開催されているSEMAショーにTNGAを採用する50系プリウスのサーキット仕様モデル「プリウスG」を発表。トヨタプレスルームより。

豪快なオーバーフェンダーにワイドトレッドにスタイリッシュなエアロと派手なカラーリング&ステッカー。

2016 トヨタ プリウスG

プリウスGの概要

日本のGT300クラスへ参戦しているプリウスに触発され新しく立ち上げられるプロジェクトへ用いられるレースカーで南カルフォルニアの「ウィロースプリングス・レースウェイ」にて今後テストされる予定との事。

プリウスGの詳細なスペック等は公開されていないが、エクステリアやインテリアは50系プリウス市販車の面影を少し残している。

2016t-11032

市販車と異なるのはシートが1つかなくゲージが組まれているのと消火器が取り付けられている。

フルバケットシート&4点シートベルト&スポーツステアリングは全てスパルコのものを使っている。

2016t-11033

エンジンルームは至って普通。ボディ剛性アップの為のストラットタワーバーが見える。

2016t-110313

採用パーツメーカー

ボディカラーリングはTRDカラーだがTRDはチューニングのみの担当なのか?ホイールがレイズでショックダンパーキットはテインのものがステッカーから採用されているものと思われる。ワイドボディエアロはKuhlRacingのものが採用されている。

2016t-11034

リヤ側のエクステリアはレプリカしたくなるとてもスタイリッシュなデザインでシャープなリヤウィングにデュフューザー付きバンパー。ベースモデルは1.8リッターですがプリウスGは大排気量を採用するのかマフラーフィニッシャーは4本見える。タイヤはトーヨータイヤの新しいプロクセスR888R。

2016t-11035

ホイールブランドはレイズのボルクレーシングの可能性も。

2016t-11036

リヤウィングはカーボン製でKuhlRacingのパーツです。市販されているのかは不明。

2016t-11037

2016t-11038

エクステリア

プリウスGはトヨタから市販はされないが、KuhlRacingで同じものが市販されているのでご参考までに。その他アルミホイールもタイヤも市販されているので入手可能。

2016t-110310

2016t-110311

2016t-11039

2016t-110312

2016t-110314

2016t-110315

インテリア

50系プリウスもフルバケットシートがよく似合うと言う事が証明された印象。ゲージは取り付けると実用性に不便が生じるのでフルバケットシートを取り入れるのもよく似合うと思われる。

2016t-110316

2016t-110317

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする