三菱 新型 SUV エクリプス クロス(XR-PHEV2) 市販モデルを2017年3月ジュネーブモーターショー初披露

日産自動車傘下入り初となる三菱ブランド最新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」を2017年3月ジュネーブモーターショー初披露

2015年ジュネーブモーターショーで披露された「XR-PHEV2」をベースのスタイリッシュSUVで日本でのネーミングは未だ確認できていません。海外の自動車ニュースメディアでは北米向けに販売されている三菱のSUV「Eclipse」(エクリプス)の新型と報じられています。

http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/motorshow/2017/news/detail5050.html

東京オートサロン2017発表予定の三菱自動車が放つ最新モデル。リヤ側にもダイナミックシールドの様なデザインが採り入れらたスタイリッシュな仕上がりに。

2017 三菱自動車 SUV

三菱次期SUV主な内容

予想車両サイズは「XR-PHEV2」ベースとなるので全長4490mm 全幅1810mm 全高1620mm前後。

写真は2015年発表されたXR-PHEV2でパワーユニットはプラグインハイブリッドシステムを採用するが2017年発表される市販モデルはリリース当初PHEVの設定は無し。

2015 三菱自動車 XR-PHEV2

エクステリア

確定エクステリアデザイン。ソーシャルネットワーク上では可成り評判の良い仕上がり。

トヨタの大人気SUV「C-HR」よりもスタイリッシュ。若者に人気のシーケンシャル式ターンランプ等も是非オプション設定して頂きたい所。

ヘッドライトとイルミネーションランプは6000ケルビン前後の青白い光だがフォグランプはハロゲンなのか4300ケルビンの赤みのかかった色。

リヤ側エクステリアデザイン。リヤスポイラーはハイマウントストップランプ一体式。アンダーカバーはWルーフ風スキッドプレートでリヤ側も可成りスタイリッシュ。

予想エクステリアデザイン。猛禽類の様な顔のダイナミックシールドデザインとメッキガーニッシュによるアクセントが採り入れられラフロード向けSUVと言うよりはアーバンスタイルSUVの仕上がり。

ルーフトップはCピラーに掛けて低いデザインとなりクーペの様なスポーティな感じに。

リヤ側は三菱オリジナル感がある独特の仕上がりに。少しC-HRにも似ている印象。

予想デザイン。オートサロン発表モデルのボディカラーはグリーンではなく三菱自動車を代表するランサーエボリューションの「コルトンレッド」が採用されそう。

発売からわずか一ヶ月で販売台数4万台を突破しているトヨタC-HRのライバルになると思われる。2.2Lディーゼルターボ登載ならトルクフルな走りが可能なので車重の重たいC-HRよりも走行パフォーマンスは高くなる。

インテリア

エクリプス クロス 北米仕様インテリアデザイン。センターコンソールにノートパソコンの様なタッチパッドが備え付けられ、自動車もいよいよアナログからフルデジタル化への移行が垣間見える。

タッチパッドが備え付けられたセンターコンソール。近いうちATシフトレバーも「日産のノートe-POWER」と同じく廃止されると思われる。

人気のヘッドアップディスプレイも装備。

パワートレーン予想

搭載パワーユニット予想はデリカD:5と同じ2.2リッタークリーンディーゼルエンジンの改良型と新開発1.5リッターダウンサイジングターボエンジン2ラインナップ

トランスミッションは8速オートマチックの採用が噂されており、ディーゼルターボエンジンの様な太いトルクを持つ自動車には最適。

駆動方式はFF又は電子制御式4WDのラインナップ。遅れて登場するPHEVモデルは確実に採用されると思われるのですが、ツインモーター式4WDが採用されるかは不明。

三菱のS-AWC技術は優れたヨーモーメントコントローラーに4輪ロックモードを備え悪路走破能力に長けている。

http://www.mitsubishi-motors.com/jp/spirit/technology/library/s-awc.html

エクリプス クロス 4WD駆動モデルが採用するS-AWCはアウトランダーと同じ電子制御式が採用される。

予想スペック

2.2Lディーゼル 1.5Lガソリン
全長x全幅x全高(mm) 4405×1805×1685mm
定員 5名
エンジン 2.2リッター直列4気筒DOHCディーゼルターボ 4N14型改 1.5リッターターボ
駆動方式 FF / 4WD
トランスミッション 8速AT CVT(6速モード付き)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする