インフィニティ 新型 Q60 Project Black S ルノーF1技術を取り入れた2ドアクーペを2017年3月発表

日産北米向け高級車ブランドのインフィニティシリーズにルノーのF1技術を取り入れた新型2ドアスポーツクーペ「Q60 Project Black S」を2017年3月開催されるジュネーブモーターショーにて発表

インパクトのあるエクステリアデザインに思わず見入ってしまう。国内向けQ60「スカイライン」の2ドアクーペの発売がさらに楽しみになります。

「Q60 Project Black S」はQ60がベースグレードだがF1技術「ERS」が登載されるのと最高出力500hpを発生するパワーユニットが搭載される予定。

2017 インフィニティ Q60 Project Black S

リヤ側にはGTウィングだがウィングにアールが付けられるなどこのGTウィングだけでも百数十万しそうです。巨大なデュフェーザーにセンター2本出しマフラー。メルセデスの様に美しく点灯するリヤコンビネーションランプ。

パワーユニットの詳細は現時点では不明だがトランスミッションは7速AT、駆動方式はFR。

Q60 ベースグレード

日本でも間もなく発売されるスカイライン2ドアクーペ。

ベース車のQ60。エアロパーツを取り替えるだけでラグジュアリーセダンからスタイリッシュなスポーツカーに。

リヤ側もGTウィングが似合うならスカイラインファンの間で流行りそうです。

国内向けスカイラインクーペモデルに登載されるエンジンは最高出力210psを発生する直列4気筒DOHCターボエンジンの他、新しく開発された最高出力405psを発生するV型6気筒ターボVC-Tエンジンの2ラインナップ。早ければ2016年末に発売される予定だったのだが遅延している模様。

Q60 車両サイズ&販売価格

Q60 2ドアクーペモデルの車両サイズは全長4690mm 全幅1865mm 全高1370mm ホイールベース2850mm。

日産シリーズで比較対象となる2ドアクーペ4シーターモデルGT-R(R35)の全長4710 全幅1895 全高1370mm ホイールベース2780mmに近いサイズ。スカイラインクーペの車両価格はGT-Rの二分の一前後と(北米価格45,205ドル)予想される。

ERS F1技術

Q60コンセプトモデルに用いられる技術は2017年のルノーF1マシン「RS17」に登載されるERS(エネルギー回収システム)の開発を目的としており主に排気ガスの熱とタービンシャフトを回転させる排圧からも電気エネルギーに変換し駆動用バッテリーへのエネルギー回生とトランスミッションへの電源供給する技術。

2017 ルノー RS17

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする