アウディ 新型 A6 A7 A8 MLB-Evoプラットフォーム&インパクトの高いフェイスを採用 2018年フルモデルチェンジ

アウディのラグジュアリーグレード「Aシリーズ(A6・A7・A8)」が2018年初め頃にモデルチェンジ。アッパーグリルトリムにレッドカラーリングを取り入れるなどフロントフェイスは猛獣顔とインパクトが高いデザイン。

次期「A8」が2017年7月11日にペインバルセロナで開催される「アウディサミット」で発表が決まりました。

2018 アウディ Aシリーズ

2018 A6 予想

次期A6はシリーズはA7とA8をミックスしたデザインを採用。トールハンマーLEDヘッドライトに加えグリルルーバーカバーの隙間が大きく抜群の存在感のある仕上がり。

A6テストカー2018モデル。ヘッド・ライト位置が独特で一見大人しい印象ですがインパクトが高い。

パワートレインは2.0リッター直列4気筒ターボと3.0リッターV型6気筒ターボエンジンのラインナップ。またA6シリーズの過給システムには電気式ターボチャージャーユニットが用いられターボラグの無いアクセルワークにリニアに反応。

2018 A7 予想

次期A7はA6よりもルーバーカバーの隙間が狭いグリルデザインも、スタイリッシュなフロントエアロバンパーを採用しCピラーに掛けてルーフが低くなるクーペスタイルでスポーティー感が高い。

A7シリーズのパワートレイン予想は2.0リッター直列4気筒ガソリンターボエンジンと3.0リッターV型6気筒ガソリン&ディーゼルターボ及びプラグインハイブリッドの4つのラインナップ。

カモフラージュされているA7テストカー2018モデル。シャープなノーズに細長いヘッド・ライトレンズデザインが採用されている。

2018 A8 予想

シリーズで一番上質感高く存在感抜群のフロントフェイス。グリルはメッキルーバー&ロアグリルにはメッキトリム。

リヤコンビネーションランプにはTTRSに採用されているとても綺麗に点灯する「OLEDテールライト」を採用。日本でも人気のシーケンシャル式ターンランプ装備。フロント側及びリヤ側はAudi独特の高級感を持つ。

予想パワートレインラインナップは3.0リッターTFSI V型6気筒&4.0リッターTFSI V型8気筒&6.0リッターW型12気筒ガソリンエンジンの他、3.0リッターTDI V型6気筒ディーゼルターボエンジンのラインナップ。

A8シリーズには高級車には欠かせなくなった運転アシストシステム「Piloted driving」(セミオートマチックドライブシステム)を装備。

A8 2017年7月11日デビュー

MLB Evoプラットフォームを採用する新しいアウディA8は2017年7月11日ペインバルセロナで開催される「アウディサミット」デビューする事が決まりました。

フロントグリルトリムはさらにエッジの効いたデザインが採用されている。

次世代Aシリーズ採用プラットフォーム

次期アウディAシリーズはフォルクスワーゲングループが開発した「MLB Evo」プラットフォームが採用され車両重量が現行Aシリーズよりも100kg~200kg軽量化。

ロングホイールベースとフロント&リヤオーバーハンクを短く設定する事でラグジュアリーグレードに相応しいゆったりとした室内スペースを提供。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする