トヨタ 新型 シエナ 北米向け大型ミニバン2017年NYモーターショー発表

北米向けに販売しているトヨタのミニバン「シエナ」が2018年フルモデルチェンジ。国内向けラインナップされているミニバンデザインと比べると北米向けはアメリカン仕上がり。発表は2017年ニューヨークモーターショー

2018モデルのシエナ。キーンルックがより強調されロアグリルのエアインテークが大きく広げられている。

2017年秋頃フルモデルチェンジするカムリのルーフトップを高くしたワゴンの様なスタイル。アッパー&ロアグリルハニカムメッシュタイプモデル。

トヨタ シエナ

アッパーグリルにガーニッシュとロアグリルカバーはルーバータイプ採用モデル。こうしてみるとミニバンにもルーフレールはよく似合う。

インテリアもエアコン&オーディオ含むスイッチ類と液晶モニタがレイアウトされ遊び心をくすぐられる。2018年モデルには北米向けサービス「TOYOTA Entune 3.0」が装備されスマートフォンを繋いで音楽ストリーミングの再生に対応とSirによる高度な音声対話に対応。

2017モデルのシエナ。トヨタオーナメントがエンジンフードレイアウトから2018年モデルはアッパーグリルレイアウトへ。

インテリアは大幅な変更は無いが2018モデルの方がセンターコンソールのドリンクホルダーとインパネシフトにウッドが取り入れられ高級感がアップグレードしている。

シエナ インテリア

4.2インチマルチファンクションモニターは360度カメラの映像を映し出す事ができ駐車アシスト付き。

3列シート全てにUSB充電ソケットを装備。

シートレイアウトは3列で8人乗りと7人乗りのラインナップ。

デュアルエアコンは2列目シートのルーフトップにデジタル式ACコントローラー付き。

3列シートは収納スペース付き左右跳ね上げ式。

収納スペースでサイドがフラットになり、大きな荷物の積み込みのじゃまにならない。

車両サイズが大きいので2列目シート足元は人が寝られる程広い。

シエナ 車両サイズ

全長5085mm 全幅1983mm 全高1744mm~1795mm ホイールベース3030mmと見た目以上に大型サイズで日本の様な狭い道が多い国では利便問題がありそうですがアメ車ファンには好まれる大きさ。

日本人向けだと少し大きすぎるのかもしれない。

シエナ パワートレイン

シエナに登載されるエンジンは3.5リッターV型6気筒エンジン 最高出力300ps/6600回転  最大トルク36.2kgf.m/4700回転を発生するパワフルなパワーユニットを登載。

駆動方式はFF、トランスミッションは8速ATのみのラインナップ。

国内のミニバンはダウンサイジング傾向にあるのだが、これくらい大きなエンジンを載せたラインナップも多数用意して欲しい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする